浅草殺人未遂事件の商業施設はどこ?犯人犯行動機と原因理由は?

こんにちは、国際結婚ブロガーのハノンマルです。

2017年7月16日の夜、浅草で殺人未遂事件が起きました。

さてこの殺人未遂事件が起きた事件現場はどこでしょうか?場所について調べてみました。

また、犯人の犯行動機、事件を起こした理由・原因についてもニュースから読み取ってみました。

スポンサーリンク

浅草の殺人未遂事件の犯行現場はどこ?

まず、事件の起きた現場。

ニュースでは、こちらまで情報が書かれていました。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20170717-00000002-mai-soci

東京都台東区花川戸1の東武鉄道浅草駅の1階構内

また、他のニュースでは、事件現場は「商業施設の1階」ということも書かれていました。

「東京都台東区花川戸1」にある商業施設を調べてみると、

浅草駅構内の「EKIMISE ASAKUSA(エキミセ浅草)」

という7階建ての商業施設であることがわかりました。

参照元 http://ekimise.jp/floor

住所:〒111-0033 東京都台東区花川戸1-4-1

エキミセ浅草の1Fは、松屋浅草のお菓子、化粧品、婦人雑貨、ギフトコーナーなどが並ぶ「浅草スイーツ小町」がある場所です。

都会、観光地の商業施設の1F。夜9時過ぎとは言え、連休中で多くの人が行き交う中での事件。

犯人はどんな人でしょうか。

犯人犯行動機(犯行目的)と事件がおきた背景(原因・理由)は?

ニュースでは、犯行を犯した男は64歳の無職。被害者は20代の男性。

注目すべき点は、逮捕後の男のこんなコメントです。

引用元 ttp://www.sankei.com/smp/
affairs/news/170717/ afr1707170003-s1.html

男は「(男性は)普通の人では聞こえないけど、私には聞こえる音を出すのでついカッとなって包丁で刺した」

また、男が刃渡り約17センチの包丁を持っていた点にも手掛かりがありそうです。

これらの2点から、

可能性としては無差別に行き当たりばったり出会った相手に対して、意識的に包丁を振りかざした可能性があります。

つまり、通り魔的な事件。

ニュース記事を読む限りでは、「肩がぶつかってトラブルになった」とか「相手を知っていて、何かトラブルとなる原因があって刺した」というわけではないようなにみえます。

つい先日も、こちらの記事で書いたよに、完全無差別で手当たり次第に刃物振り回した男が逮捕された事件がありました。こちらは不幸にも4人もの人が被害に遭いました。

そして、こちらの事件も無職の男が犯人(30代)。

このような事件は、善良な市民でも、「運が悪い人が遭ってしまう」としか言いようのない、予測不可能で突発的に起きる事件としか言いようがありません。

「刃物を振り回しそうな危ない男」なんて、都会の雑多な街中で見分けるのはなかなか難しいです。

スポンサーリンク

まとめ

今回の事件は、浅草のエキミセという商業施設で起きた事件と思われます。

犯行動機は、「むしゃくしゃして、相手は誰でもよかった」と言った類の無差別殺人未遂事件の可能性が最も高いでしょう。

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

滋賀長浜の量販店切りつけ事件の犯人は誰?名前や犯行動機は?

丹波篠山のカセットボンベ埋めた犯人は誰?犯行動機は身内の恨み?

松戸通り魔事件の犯人の名前は誰?発砲事件や会社員との関係も?

スポンサーリンク

【以下、カラコンをお得に手に入れたい方だけのお話です↓】

「このカラコンだったら、どこの店舗で買うのが最もお得なの?」

をお知りになりたいなら、

カラコンリサーチ.com

が参考になります。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする