藤原佳典の経歴と出身大学や高校は?プロフィールや家族(嫁と子供)も

藤原佳典先生が「林修の今でしょ講座」(2017年3月放送)に出演されました。

藤原先生は、こちらの記事で紹介した朝田先生と同じ番組の脳に関するテーマの番組に出演されました。

でも、朝田先生とはちょっと志向の違った先生です。

そんな藤原佳典先生の経歴と出身大学、プロフィールなどを見てみましょう。

スポンサーリンク

藤原佳典先生の経歴は?

藤原先生は1962年生まれ、現在56歳です。

大学は北海道大学の医学部を卒業されています。(出身高校は非公表)大学卒業後は、京都大学医学部の附属病院で勤務されました。

そして、最終的には京都大学大学院の医学研究科を修了、医師として医学博士を持っています。

その後は、病院勤務と経て、2000年からは東京老年老人総合研究所の地域保健研究グループの研究員として「老い」をテーマに研究をされてきた先生です。

藤原先生の専門分野って何?

基本的には、高齢者の「仕事の生涯現役」についてのテーマや、老人の幸せな人生についてのテーマが多いです。

でも、老人だけではありません。

テーマはもっと広く、「孤独」という問題にクローズアップされています。

老人以外の孤独とはどんなケースがあるでしょうか?

それは、子供を産んだ後の子育て中のお母さんです。

お母さんの場合、1日少なくとも12時間ぐらいは母と子供二人っきりで過ごすことになります。お父さんは基本、仕事に出かけて昼間は不在ですからね。

もっとすごい現実をいうと、約30%の人は1日16時間以上も子供と2人きりで過ごす母親もいるそうです。そりゃ、お母さんたち、気が狂いますよね。。。

そんな出産直後のお母さんが、「社会から隔離された気がして孤独を感じる」という問題についても、解決策の研究をされています。

スポンサーリンク

藤原さんの提案するお母さんの孤独問題の解決方法は?

現在の答えは、多世代交流です。

核家族化が進んだ日本で、母親や父親だけで問題を解決することは困難です。高齢者あるいは家族以外の人たちを含めた地域の人々との交流を促す施策によって、孤独問題を解決する提案をされています。

その結果として、高齢者の孤独問題と子育て中の母親の孤独問題を同時に解決する提案をされています。

藤原先生のご家族は?

藤原先生のご家族の情報は非公開です。お嫁さんや子供に関する情報は一切非公開になっています。

まとめ

藤原先生は北海道大学卒業後京都大学の博士課程に進まれてました。

研究テーマは、もっと大きく言うと「孤独」 です。高齢者のみならず、若い世代の孤独も含めて研究を掘り下げておられる希少な先生です。

少子化問題が深刻な日本。母親の孤独の問題を解決することが、少子化のスピードを緩める後押しになるかもしれません。今後の藤原先生の研究にも注目です。

誰もがいつかは経験する「何歳まで現役で仕事をするべきか?」という永遠のテーマ。この問題のヒントは、こちらの本から得られます↓

P.S.

同じ番組に出演された朝田先生って、過去に告発されたことがあるの?という衝撃の過去は、こちらの記事をご覧ください↓

朝田隆先生が告発された過去とは?

スポンサーリンク

【ご連絡】
ところで、カラコンを使用している方に向けてのお話です。

「このカラコンだったら、どこの店舗で買うのが最もお得なの?」

をお知りになりたいなら、

カラコンリサーチ.com

が参考になります。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする