ゴールドハンマーの芸人経歴と年収は?年齢や出身大学・高校も調査

こんにちは、国際結婚ライターのハノンマルです。

漫才新人大賞に選ばれた、お笑いコンビの「ゴールドハンマー」

芸歴20年未満の若手の中から、10分間の漫才で、2017年のトップを飾りました。

そんなゴールドハンマーのこれまでの芸人の経歴、コンビのプロフィールを調べてみました。

また、これまでの年収(収入)はどうだったのでしょうか?

過去の経歴から読み解いてみます。

スポンサーリンク

ゴールドハンマー(志村さんと林さん)のプロフィールは?

ゴールドハンマーは二人組のお笑いコンビです。

林一哉さんについて

まず、写真右側の林一哉(はやしかづや)さんから。

  • 林さんの生年月日は、1978年6月14日生まれの現在38歳。
  • 出身は、大阪府。
  • 血液型はA型。

その他のプロフィールは、林さんのブログ(参照:http://profile.ameba.jp/gh0614-0614/)に自己紹介が書いてありました。

出身高校は、「大阪にある高校」とまでは書いてありますが、学校名は非公表です。

尚、自己紹介で印象的なのは、「韓流ドラマにはまっていること」と「睡眠時間が4時間ぐらい」という点。

男性で韓流ドラマにはまってる方は珍しいですね。

今後、韓国ネタで漫才を披露されたり、韓国関連のテレビ番組や取材で活躍される可能性を秘めていると考えられます。

志村卓治さんについて

一方の写真左側の志村卓治(しむらたくじ)さん。

  • 1975年の4月18日生まれの現在42歳。
  • 出身は、兵庫県西宮市。
  • 血液型はAB型。

その他のプロフィールは、志村さんご自身のfacebookに載っています。

  • 出身高校は、西宮甲山高等学校。
  • 大学は、京都精華大学出身。

現在の活動拠点は東京!芸歴17年の中堅

今は、お二人とも東京都に住まれています。

漫才協会というところに2011年から所属されています。また、所属事務所は吉本です。よしもとクリエイティブエージェンシーの東京事務所です。

今回、漫才新人大賞を受賞しましたが、「新人」という名称のつく賞ですが、芸人経歴は17年です。

引用 http://natalie.mu/owarai/news/231658

記者取材会で林は「これ(=今年度の漫才新人大賞)でダメだったら解散しようとしていた。

今回ダメなら、もうコンビを解散しようと覚悟まで決めていたそうです。

ようやく17年目にして、コンビの漫才を認められた。そんな苦労のコンビニです。

ちなみに、漫才新人大賞の賞金額は10万円です。M1グランプリのような賞金1000万といった派手さはありませんが、コンビにとって、金額の問題ではないですよね。

とにかく、お笑い芸人として人から認めて貰ったことに意味がある賞です。

ゴールドハンマーのこれまでの年収(収入)は?

これまで、17年間も苦労、解散を覚悟されていたという話なので、これまでの20代30代の年収(収入)は、一人自分が食っていくのも精一杯なレベルだったかもしれません。そもそも、給料が安いと定評のある吉本ですしね。

芸人の仕事の傍ら、アルバイトなどを掛け持ちしながら生活をされてきたのではないかと予想されます。

と思いきや、想像を超えるレベルの収入だという記事を見つけました↓

引用: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a
=20170508-00000032-tospoweb-ent

林が「(月収は)チロルチョコを100個買えるくらい(約2000円)」と言うと、志村は「もうちょっと買えるやろ? でも数万円もない。1万円いかないときもあります」と明かした。

17年も続けて芸人をされてきたこと自体に脱帽です。根性のあるお二人ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回、大賞を受賞されたことにより、今後は舞台の出演回数、地方公演へのお呼び、バラエティ番組などのテレビ出演の回数が増えることが期待されます。

遅咲きの苦労人だからこそ伝えられる、ゴールドハンマーさんの熱い漫才が期待されます。

P.S.

ゴールドハンマーのお二人は、筆者と同年代の方です。自分自身の人生と照らし合わせてしまいました。

筆者は、会社での同期入社組との出世争いには完全に敗北。出世街道から完全に外れた人生を歩んでおります。今回、ゴールドハンマーさんが崖っぷちから這い上がったという勇気の出る話題だったので、どうしても記事にしたいと思い、今回取り上げさせてもらいました。

スポンサーリンク

【警告】映画やアニメを毎週見る方は、こちらの記事をご覧頂かないと損をします

映画の動画をフルで無料視聴する方法は?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする