マハカラ(中目黒)の名前の意味って何?プリンの通販やカロリーも調査!

こんにちは、国際結婚ライターのハノンマルです。

テレビ番組「櫻井・有吉THE夜会」の2017年3月10日放送で取り上げられる、中目黒のマハカラ。

放送では、いか焼きのお店として取り上げられていました。実は、このお店、他の商品でも大人気なんです。

今日は、そんなマハカラの名前の由来や人気商品を遠方からでも買える方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

店舗情報 マハカラって、いか焼きの店じゃないの?

テレビ番組でマハカラが取り上げられる食べ物は、いか焼きです。いか焼きと言えば、関西の名物で、一番簡単な説明としては、「お好み焼きの安いバージョン」みたいな食べ物です。

まず、いか焼きのお店について紹介します。

店舗のホームページはこちら↓
いか焼きのマハカラ
いか玉焼きと串カツのお店です。

お店の一番の主力商品は、いか玉焼き400円です。原材料は、卵、いか。素材がシンプルですね。安いし、気軽に入れるお店です。
でも、気になることがあります。マハカラって、ネットで検索してみると、いか焼きや串カツの情報よりも、プリンというワードが一杯出てきます。

マハカラには、いか焼きとプリンの両店舗があることが判明

どうやら、マハカラというお店は、いか焼きとプリンの店舗の両方を持っているようです。

両店舗の住所が同じなんです。プリンの方のマハカラ店舗情報は、

引用元:マハカラのHP
営業時間:11:00~18:00定休日:火曜日

〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-17-5 メゾン青葉1F
Tel: 03-6427-8706東急東横線・東京メトロ日比谷線☆中目黒駅から5分

ぷりんのまはからの情報はこちら↓
マハカラのプリン

ところで、マハカラの名前の由来は何?

マハカラって言葉聞いたことあります?

筆者は、初めて聞きました。

では、この名前はどこから来たのでしょうか?

簡単に説明すると、

  • 店主の金丸さんの実家のお好み焼き店の名前が、大黒であった。
  • 大黒とは、厨房の神様という意味で、店舗経営には縁起の良い言葉。
  • そして、インド語で大黒様が、マハーカーラといい、日本人が発音しやすいマハカラという店舗名になった。

こんな感じだそうです。

それにしても、なぜインド語を使おうと思ったのか?それはなぞですね。たぶん、お店の店主さんがインド好きなのでしょう。

スポンサーリンク

通販でもマハカラのプリンは買える!気になるカロリーは?

マハカラの店舗は、中目黒の1店舗だけです。だから、首都圏在住じゃないと、なかなかまはからのぷりんを買うことは出来ません。

でも、朗報です!

実は、マハカラはプリンの通販を行っています。

こちらに、通販サイトがあります↓

マハカラのプリンの通販サイト

保存料なしのプリンなのに、5日間も賞味期限が持つとは、長いですね。品質が痛まない特別な工夫をされているのかもしれませんね。

でも、プリンってカロリーが高いでしょ?

カロリーを気にされている方にも朗報です。

マハカラのプリンは、一般的なプリンよりカロリーを低くする工夫をされているそうです。

例えば、このお店の定番商品である白プリン。

使用する卵は、卵白と卵黄の比率を5対1にしているそうです。卵白は、卵黄に対して約90%近くカロリーが低いそうです。

ここに、マカハラのプリンには、カロリーが低い秘密があるみたいです。

まとめ

マカハラは、いか焼きのお店とぷりんのお店両方があります。その共通点は、卵です。両店とも、関西から取り寄せたこだわりの卵を使っているそうです。

プリンは通販もあり、低カロリーでヘルシーなプリンをいつでもどこにいても買うことが出来ますよ!

P.S.

同じ番組で取り上げられた、新宿のお好み焼き。こちらはデートで使えそうです↓

ろくもんや(新宿本店)の行き方メニューは?デート前に料金と営業時間も調査

スポンサーリンク

【警告】映画やアニメを毎週見る方は、こちらの記事をご覧頂かないと損をします

映画の動画をフルで無料視聴する方法は?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする