介護巡回ロボの販売価格や発売時期はいつ?家庭用の低価格システムも調査!

豊橋技科大(愛知県豊橋)と新東工業(名古屋)が、医療介護用の巡回ロボを開発したと発表しました。(2018年4月27日のニュースから)

このロボットは、病院や介護施設などの施設をロボットが巡回し、倒れていたり徘徊している人を見つけたりと、異常を検知する役割をするそうです。夜中に、看護師や介護士の方が見回りをする負担を減らせる期待ができます。私も、介護施設で仕事をしている知人がいますが、かなりの重労働で、仕事が終わるとかなり体力を消耗してぐったりしていると聞いたことがあります。

さて、この介護巡回ロボの

  • 販売価格(値段)はいくらか?
  • 発売時期はいつか?
  • 一般家庭でも購入できるような代替の介護ロボは?

について調べました。

こちらが、低価格帯の介護ロボ(監視ロボ)です↓

【関連記事】

岐阜大垣市のドローン墜落事故の原因は強風?安全性批判に負けずロボフェスは継続して欲しい!

ミュージオエックス(MusioX)の購入方法と通販最安値価格を調査!

スポンサーリンク

介護巡回ロボの販売価格や発売時期はいつ?

2018年4月27日の産経ニュースの情報では、

巡回ロボの販売時期は、「平成31年2018年4月を予定」しています。

今発表されているものからさらに外観のデザインを改良するとのことです。また、外観だけなく、これからチューニングを掛けて、異常検知の精度向上を行っていくのでしょう。

巡回ロボの価格については、この記事では載っていませんが、実は過去2017年1月の東京ビッグサイトで開かれた展示会「ロボデックス」の記事で、同じようなロボットにおける想定額が書いてありました。

2年後の商品化を目指す(想定価格は150万円)。累計で100億円以上の売り上げを目標としている。

引用元: http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1701/20/news124.html

150万円です。

ルチアという医療介護支援ロボットです。同じく豊橋技術科学大学が開発したもの。この時点の記事で、2年後の商品化目指すと書いてありました。全く同じ商品かは定かではありませんが、液晶画面の部分がそっくりです。同一なものかはさておいても、今回の巡回ロボについても、おそらくこの想定価格帯になるのではないかと予想されます。

ちなみに、2017年1月時点の売上目標は100億円以上とのことです。

100億÷150万円=約666台

ぐらいを売りたい算段です。

家庭用の低価格の介護ロボは?

100万円を超える高価格なものは、やはり病院や介護施設など組織が購入するものです。一方で、気軽に一般家庭で購入し、遠隔に離れた両親などを見守りたい場合、もっと手軽に購入できるものはないのでしょうか。

調べたところ、手軽に安く購入できるものがありました。それがこちらです↓

ネット介護ロボ melihat みとーね MH-K01 送料無料

この商品の特長は、

  • 介護ロボを通してカメラで映像を見ることができる
  • 人感センサーや温度センサーで、動くものを感知できる

点にあると思います。映像や感知センサーに変化がなければ、遠隔からでも、何か異常があったと判断出来る点がこの商品の利点だと考えます。

ではないかと知らせてくれる そんな機能を備えていると思いますこちらの価格であれば一般の人でも購入でが手に入るものです一度ご確認ください。

スポンサーリンク

まとめ

介護巡回ロボの登場で、身体的負担の大きい介護士や看護師の方の負担が軽減できることが期待できます。来年の正式商品化が期待されます。

低価格帯の商品はこちら↓

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

ミュージオエックス(MusioX)の購入方法と通販最安値価格を調査!

岐阜大垣市のドローン墜落事故の原因は強風?安全性批判に負けずロボフェスは継続して欲しい!

スポンサーリンク

【人気の韓国ドラマを合法的にネットで無料視聴する方法はこちら】↓
韓国ドラマ大好き.com

【カラコンをお得に手に入れたい方だけのお話】↓
カラコンリサーチ.com

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする