小平奈緒の出身大学・高校や年齢は?相沢病院での仕事内容や私服姿も

スピードスケートのワールドカップ(W杯)開幕戦にて、女子1000メートルで小平奈緒さんが(相沢病院)初優勝されたと日本のニュース速報で祝福の報道がされています。

さて、今回の記事では小平奈緒さんの

  • 出身大学や出身高校
  • 年齢(生年月日)
  • 相沢病院での業務内容(仕事)
  • 選手以外での私服姿

について調べてみました。

スポンサーリンク

スピードスケート小平奈緒選手のプロフィール(出身大学・高校・年齢)

小平奈緒選手は、長野県茅野市出身。

生年月日は、1986年5月26日生まれの現在31歳

出身大学は、信州大学。

学科は、教育学部の生涯スポーツ課程を卒業されています。

出身高校は、伊那西高等学校。

高校ではもちろん、中学の時からスピードスケートの選手として頭角を表し、中学最高の記録も達成されています。

2010年バンクーバーオリンピックの銀メダリスト(パシュート)であり、30代に入ってからもスピードスケート選手としてトップクラスを維持されています。

なお、身長は165cm、体重61kgです。

この数値だけを聞いても、スポーツをしていないごくごく一般の人となんら変わらない気がしますが、やはりスピードスケート選手。スピードスケートの競技姿を見た人からは、「太もも」や「すじ」がすごいと評判になっているそうです。

そうなってくると、体脂肪が何%かも気になりますね。

気になったので調べたところ、2013年時点の体脂肪は12%だったそうです。

(参照元: https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/153788/)

話を戻しますと、小平さんは、地元で生まれて、地元で育ち、現在も本拠地は長野県。お仕事も地元長野県です。

相澤病院(相沢病院)での勤務と私服姿

小平奈緒さんは現在、社会医療法人財団慈泉会「相澤病院」に勤務されています。(長野県松本市本庄の救急指定病院)

現在、スポーツ障害予防治療センターのスタッフとして活躍されています。

つまり、信州大学で専攻して学ばれた内容を現在のお仕事で生かされているようです。

4月の朝日新聞の記事には、「社会人になって8年間」と書いてありましたので、2017年時点で、8年間の勤務期間となります。ちなみに、スケート選手は、遠征費・用具代などで、1年間で数百万円の資金が必要とのことです。

(参照元:http://www.asahi.com/articles/
ASK4L53J3K4LUTQP019.html)

私も含め、多くの人は学校で勉強したことに直接関係のないお仕事をされていると思います。(私なんか、教育学部を卒業しておりますが、今は教育とは全く関係がなく、ソフトウェアを作っていますからね)

小平さんは、計画的というか、しっかり人生計画を立てておられるのでしょう。そういう計画的なところが、おごることなく、学生時代から社会人になり30代を過ぎるまで継続して活躍される秘訣なのかと想像します。

2016年の写真ですが、こちらが小平さんの私服姿です。

スポンサーリンク

まとめ

小平奈緒選手の出身大学は、地元の長野県。社会人となった現在も地元長野に根付いて活動されている方です。

スピードスケート選手として、次回の冬季オリンピックでご活躍される姿を楽しみにしております。

P.S

こちらの特集に、小平奈緒選手の「逆境を突破するメンタル」について取り上げられています↓

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

坂本花織には韓国人の母やコーチがいる?出身高校は神戸野田?

弓弦羽神社のアクセス方法や駐車場は?羽生結弦の絵馬やお守りの価格は?

白岩優奈の高校進学先は関大?体型変化で太ったと言われても最強な理由

スポンサーリンク

【警告】映画やアニメを毎週見る方は、こちらの記事をご覧頂かないと損をします

映画の動画をフルで無料視聴する方法は?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする