ローソンのスマホセルフ決済の実施店舗はどこ?アプリのダウンロード方法や使い方も

無人セルフレジに続いてスマホのセルフ決済の開始です。ローソンでは2018年4月23日からスマートフォンのアプリを使用して商品のセルフ決済、「自分で商品を手に取り、店員さんを介さず自分で支払いをすることができるサービス」を実験的に開始しました。

さて、

  • ローソンのセルフ決済スマホ決済の先行実施店舗はどこでしょうか?
  • セルフ決済に必要なスマートフォンのアプリのダウンロード先や使い方

について調べました。

スポンサーリンク

ローソンのスマホセルフ決済の実施店舗はどこ?

ローソンでは4月23日から先行して東京都内の3店舗でスマホ決済を開始しました。その店舗名は、ローソンの公式ホームページを見たところ、

  • ローソン晴海トリトンスクエア店(24時間営業)
  • ローソン大井店(24時間営業)
  • ローソンゲートシティ大崎店

の3店舗です。東京都の中央区、残り二つは品川区の店舗です。

ちょうど一年前、ローソンをはじめコンビニ大手5社がセルフ無人レジのトライアルをしているというニュースが話題になりました↓

【関連記事】

コンビニの無人セルフレジは普及しない?課題は万引きとバイトの安全?

無人セルフレジの仕組みはマイバック持参?いつから東京の店舗に登場?

その時の内容は、今回のスマホ決済とはちょっと違って、

「商品自体にIC タグが付いていて、それを買い物かごに入れ、自分でレジ台に商品を乗せる。すると、自動的に合計金額を機械(レジ)が出してくれる」

と言ったものです。

今回のセルフレジ(スマホ決済)については、

「自分で商品を手に取り、自分のスマホからバーコードを読み取って決済をする」

と言ったものです。ということで、自分のスマホにローソンの公式アプリを事前にインストールして支払いをする必要があるようです

ローソンのスマホ決済(セルフ決済)用のスマートフォンアプリのダウンロード方法や使い方は?

ローソンの公式アプリのダウンロード方法については、ローソンの公式ホームページのこちらからアプリがダウンロードできます。

アプリインストール後の使い方は、ざっくり以下のような流れのようです。

  1. スマホ決済できる店舗に行って、アプリから自動検出もしくは QR コードの読み取りをする
  2. 自分が入店したローソンの店舗をアプリから確認し、「入店する」ボタンを押す
  3. 買いたい商品を手に取り、バーコードをスキャンする
  4. スマホの画面から、カートの画面を確認し、決済をする

といった流れのようです。

スポンサーリンク

まとめ

ローソンのスマホセルフ決済は、現在はまだ東京都内の3店舗で実験的に行っているようです。この実験で問題がないことが確認でき、また利用者からも好評であったら、2018年中にも導入店舗が増えていくのではないでしょうか。

もちろん、防犯面の課題はあるかもしれません。でも、このような決済方法が出来ると、店員さんの数を減らして人件費の削減に繋がる可能性も秘めているので、この流れは大手コンビニがこぞって続くのではないでしょうか。

ちなみに、セルフレジ系の話でいえば、私はコンビニではセルフレジを経験したことはないですが、スーパーのイオンでやったことがあります。自分でバーコードをかざして決済をする類のものです。

また、これは人から聞いた話ですが、アメリカではすでにセルフレジのコンビニが沢山あるようです。例えば、アメリカの空港内のコンビニで、店員さんが誰もいないところがあったそうです。そこでは、自分(セルフ)で商品を決済をする仕組みになっていたそうです。

コンビニに限らず、小売店の時代の流れのようですので、日本でもこの流れが加速するのではないかと予想されますね。

P.S.

あと、スマホ決済が出来るようになると、コンビニ店長(オーナー)さんの負担も少し減るのでしょうか。こちらの本、第三者の立場で読むと、非常に面白いです。でも、コンビニ店長さんって、めちゃめちゃ激務ということも知れて、ちょっと同情もしました↓

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

コンビニの無人セルフレジは普及しない?課題は万引きとバイトの安全?

無人セルフレジの仕組みはマイバック持参?いつから東京の店舗に登場?

セブンイレブンのシェア自転車設置店舗はどこ?サービス開始日や料金と普及するか予想も

ファミリーマートのコインランドリー設置店舗はどこ?料金やサービス開始日も

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする