前田仁美(長野野沢)の暴行理由は介護?原因は借金や金銭トラブル?

こんにちは、国際結婚ライターのハノンマルです。

母親を殴るって、どういう状況?

長野県野沢温泉村の民家で、娘が母親を平手で何度も叩き、母親がお亡くなりになるという事件が起きました。

亡くなった母親は前田和子さん79歳。そして娘はその長女となる、前田仁美(まえだひとみ)容疑者49歳。

娘が実の母親を殴るってどんな状況なのでしょうか?ここには何か理由があるに違いありません。

そんな訳の予想を立ててみました。

スポンサーリンク

前田仁美が母親を暴行した理由(犯行動機)は何?

前田仁美容疑者が暴力を行ったのは、午後8時から次の日の朝の8時頃まで。多数回にわたって、頭を平手で殴ったそうです

暴行理由は何でしょうか?

この2人は同居はしておりませんでした。女の方は、長野県松本市に住んでいました。

でも、前田仁美容疑者は、頻繁に母親の自宅を訪問していたそうです。

ではなぜ、頻繁に母親を訪問していたのでしょうか?

訪問する理由があったに違いありません。

2つの可能性が考えられます。

可能性1 借金や金銭トラブルが原因?

注目すべき点は、前田仁美容疑者が、無職であることです。無職とはどういうことか?もちろん、収入がないということです。収入がないともちろん、生活することができません。

暴行という犯行に及んだ可能性の1つは、

「収入がないため、自らの母親にお金の無心に行った」

からかもしれません。

これまでも何度もお金を無心されてきた母親の和子さんは、今回は断った。それに腹を立て、前田容疑者が母親に暴力振った。

こんな可能性が考えられます。頻繁に母親を訪れているところから、借金でもあったのかもしれません。

スポンサーリンク

可能性2 介護疲れが原因?

そしてもう一つ目の理由。

それは、前田容疑者が母親を頻繁に訪れていた理由は、もしかすると母親の介護だったかもしれません。

母親はすでに79歳。体が不自由で、介護をされていてもおかしくない年齢です。前田容疑者は頻繁に母親を訪れ、介護をしてきたが、介護の疲れやストレスが原因で、ついつい母親が寝てる間に殴ってしまった。

こんなことも考えられます。

でも、夜の8時から朝の8時まで、継続的に暴力を振るっていたということから、単純な介護疲れやストレスではなさそうですよね。
深い恨みがあったのかもしれません。

まとめ

このニュース記事から、前田容疑者が犯行に及んだ理由の手がかりとはるのは、「犯人が無職であること」そして、「母親を頻繁に訪れていたこと」この二つが、事件の真相を探る大きな鍵です。

でもまあ、こういう家族への犯行は、たいがい金銭トラブルや介護問題っていうのが、よくあるパタンです。

スポンサーリンク

【警告】映画やアニメを毎週見る方は、こちらの記事をご覧頂かないと損をします

映画の動画をフルで無料視聴する方法は?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする