さいたまんぞうの現在の仕事は?審判の年収で嫁と子供を養える?

「なぜか埼玉」という曲で過去に12万枚ものヒット曲を生んだ実績のある、さいたまんぞうさん。さいたまんぞうさんは、日頃何をしている方なのでしょうか?どんな仕事をしているのかに迫ってみます。

また、さいたまんぞうさんは現在どのくらいお金を稼いでいるのでしょうか?

そして、結婚されているのかについても、調べてみました。

スポンサーリンク

さいたまんぞうさんとは?

さいたまんぞうさんは、岡山県出身の現在68歳です。(1948年生まれ)

ヒット曲の題名となった埼玉の出身ではありません。

過去の職歴は、

  • バンドボーイ
  • バンドマンとしてドラムを担当
  • 浜畑賢吉さんという芸能人の付き人

などをされてきました。色々な仕事を経験されています。

そして実は、たくさんのテレビやラジオにも出演された経験があります。

例えば、有名な番組でいうと、TBS系「そこが知りたい」のレポーターを約10年間勤められました実績もあります。 (1988年~1997年)

ちなみに、下記の動画を見ると、さいたまんぞうさんがどんな人かの雰囲気が分かりますよ!

さいたまんぞうさんの現在の仕事は?

そして、現在のお仕事は、

  • 歌を歌うこと
  • 司会業
  • トークショー
  • 結婚披露宴の司会や歌披露
  • 葬儀の司会
  • カラオケ大会の司会
  • 各種パーティーの司会

など、多種多様です。

そして、もう1つ。

爆報フライデーという番組でも取り上げられていたのは、野球の審判の仕事です。

野球の審判の仕事って、珍しいですね。気になるのは、もちろん収入ですよね?

スポンサーリンク

野球の審判ってどのくらいの収入があるの?

審判と言っても、小学生・中学生・高校生・草野球などの審判がありますが、さいたまんぞうさんの場合は、主に高校野球の審判での収入があるそうです。

気になる収入は?

だいたい、1試合で3000円程度の給料だそうです。

そして、大体平均すると月に5万円程度の収入になるそうです。

年収換算をすると、

5万円×12か月=60万円

「えっ、わたしの年収低すぎ!」

という、ネットでよく見る広告のキャッチーな言葉が浮かんでくるようです。

でも、毎日毎日、審判の仕事がある訳じゃないですからね。審判業だけで、月に5万円の収入は多い方かもしれません。

さいたまんぞうさんは、結婚して嫁や子供を養っているのか?

さいたまんぞうさんは、68歳の現在までずっと独身だそうです。

なので、嫁も子どももいません。さいたまんぞうさんのホームページに書いてありました。

独身とはいえ、審判の収入だけだと、とても生活は出来ないでしょう。やはり、司会業をはじめ、しゃべる仕事でちょこちょこと稼ぎがあるのでしょう。

ところで、さいたまんぞうさんの本名は?

本名は、牛房公夫(ごぼうきみお)といいます。

まとめ

さいたまんぞうさんは、野球の審判の仕事をされています。とはいっても、ラジオのパーソナリティやイベントの司会など、トーク全般の仕事もされています。

テレビで面白おかしく話されているような、審判業の月収5万円のみで生活しているわけではなさそうです。

独身で、嫁やお子さんがいないがゆえに、自分のやりたい仕事を片っ端からやって生きてこられたような雰囲気を感じます。

こんな、さいたまんぞうさんの生き方が羨ましく、憧れる人もいるのではないでしょうか?

P.S

同じく、爆報フライデーで取り上げられた女性アイドル。その壮絶な転落人生を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

【警告】映画やアニメを毎週見る方は、こちらの記事をご覧頂かないと損をします

映画の動画をフルで無料視聴する方法は?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする