城川雅光医師の年齢や出身大学は?現在の勤務先病院での評判は?

NHKプロフェッショナルに登場される城川雅光(しろかわまさみつ)医師。

「外見がやけに若く見えるけど何歳なの?」

「出身の大学はどこなの?」

と、気になるあなたへの情報です。

また、現在の勤務先の都立広尾病院での権威についても調べてみました。

スポンサーリンク

【NHKプロフィッショナルにも登場】城川雅光先生の年齢と出身大学は?

城川雅光先生は、2004年に名古屋市立大学医学部を卒業されています。

ということは、大学受験で浪人をしていなければ、2004年の大学卒業時点で24歳くらいであると推定できます。(医学部在籍期間が6年間と仮定)

その仮定が正しければ、2017年現在は37歳前後と推定されます。

30代とは、NHKプロフェッショナルに登場する年齢としてはかなり若くないですか?

ちなみに、名古屋市立大学を卒業された後は都立広尾病院に勤務され、今も同病院(救命救急センター)に勤務されています。役職は、医長。

城川先生は若く見えるけど、実は実績のある医師(写真画像も発見)

城川先生の顔は、お若く見えます。実際に推定37歳と若いですが。。。

先生の画像写真は、下記のサイトに載っています↓

参照元:宇宙航空研究開発機構ホームページ

若く先生とは言っても、実は救急医療の分野で実績のある先生なんです。

どんなところで実績があるかというと、

1つは、HNKのプロフェッショナルで取り上げられる内容のように「救急医療をするに当たった事前準備力と判断力」に優れた方らしいのです。約80人もの消防士を取りまとめて指揮を取るリーダー役として救急医療チームを引っ張っています。

救急医療は、一分一秒を争うスピード勝負の現場です。

救急医療は、医者から敬遠される診療科目の1つです。緊急の現場なので、常に気を抜かず臨界態勢に入ってスタンバイしておく必要があります。また、事故などで運ばれた患者さんの緊急治療は、悲惨なものでしょう。

そんな、人が嫌がる分野にもかかわらず、この分野で10年以上も現場を担当されている実績の持ち主です。

そしてもう一つ。

画期的な取り組みとして、伊豆諸島や小笠原諸島からも救急医療が可能に出来る取り組みを推進している点です。

宇宙航空研究開発機構と協力し、高速インターネット衛星「きずな」を利用して、遠方の地域でも緊急医療が出来る体制の構築を推進されてきました。

スポンサーリンク

城川雅光先生の勤務先(都立広尾病院救命救急センター)での評判は?

城川雅光先生が勤務されている東京都立広尾病院の救命センター(東京都渋谷区)は、名医として推薦されています↓

参照元:QLife

また、過去にはテレビのニュース番組で熱中症に対するアドバイスとして、城川医師が登場しました。(2012年7月26日放送のNHK総合「ニュースウオッチ9」)

これらのことから、城川先生が救命医療分野で権威があることが理解出来るのではないでしょうか。

まとめ

城川雅光先生は推定37歳で、出身大学は名古屋市立大学。

都立広尾病院では医長を務め、テレビでも取り上げられる権威のある先生です。

P.S.

同じくNHKプロフェッショナルに登場した橘ジュンさん。橘さんの衝撃の過去は、こちらの記事をご覧ください。

<この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます>

致死性不整脈の兆候や自覚症状は?突然死の原因は疲れやストレス?

スポンサーリンク

【以下、カラコンをお得に手に入れたい方だけのお話です↓】

「このカラコンだったら、どこの店舗で買うのが最もお得なの?」

をお知りになりたいなら、

カラコンリサーチ.com

が参考になります。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする