大阪ヨドバシの階段撤去の本当の理由!新通路の着工と完成はいつ?

こんにちは、国際結婚ライターのハノンマルです。

2017年3月27日から、大阪駅ヨドバシカメラ梅田の階段が使えなくなりました。

実は、この階段は仮設であり、撤去する運命にあったとのことですが。。。撤去した裏の本当の理由は何でしょうか?

そして、新通路の着工と完成はいつになるのか?

そんなお話をします。

スポンサーリンク

梅田のヨドバシカメラの階段撤去の真相は?

階段撤去の反響具合がハンパないです。すごいですよ↓

引用元: nennenews.com

撤去理由の意味がわからん!『計画が具体化したから』って、計画が完了するまで『なにも無し』ってことじゃん。

何故そんなに慌てて撤去する?なんか他に理由があるとしか思えない。

書き込みのほぼほぼ90%が、なぜこのタイミングで撤去なの?という疑問の書き込み。

そりゃそうですよね、今この時期に撤去しなくても、新通路が出来てから撤去すればいいやん。ということ。

誰がこんな時期に通路を撤去することを決めたのか?

今回の撤去がもっとも影響出るのは、ヨドバシ梅田でしょう。通行人が別ルートを通行しないといけなくなると、これまでヨドバシカメラにふらっと立ち寄るお客さんがこなくなりますからね。いわゆる衝動買いするようなお客さん。

だから、ヨドバシカメラが主体で、階段を撤去することはあり得ないでしょう。むしろ、大反対したに違いありません。

では、JRはどうか?

筆者の考えとしては、JRが主導で積極的に階段撤去を提案したとは思いません。なぜなら、JRがもっとも避けたい事態は、駅構内での混雑や混乱です。階段を撤去することで、駅の利用客が不便になり、その不満がJR側にとばっちりを受けることは勘弁ですよね。

だから、JRが自ら提案したとは思えません。

では、誰がそんなことを?

考えられるのは、2つ。

  • 1つは、ヨドバシカメラの営業を妨害したい周りの商売敵の仕業。

でも、この可能性は低いと筆者は考えます。なぜなら、ヨドバシカメラへのお客さんが少なくなるということは、梅田周辺への買い物客全体が減少するということ。こんなことをしても、誰も得はしません。

  • もう1つは、役所が「そういう決まりだから」ということで、市民の利便性など二の次で空気を読まずに、今この時期に階段を撤去するのか。

可能性としては、役所関係との調整の結果、階段を撤去することになったのではないかと予想出来ます。

ところで、新通路の着工と完成日(開通)はいつなのか?

現在のヨドバシ梅田の階段撤去は決定したこと。決まったことをここでウダウダ言っても仕方ありませんね。

では、新通路はいつ出来るのでしょうか?

階段撤去の原因のおおもとは、ヨドバシ梅田タワーの建設です。

そのヨドバシ梅田タワーは、2017年夏に着工、2019年秋頃の開業の予定です。だから、正式に新通路が使えるのも開業日と考えるのが普通でしょう。

ヨドバシ梅田タワーについての詳細は、こちら↓

ヨドバシ梅田タワーのオープン日はいつ?構想画像と建設会社(ゼネコン)も調査!

でも、新通路の通行が可能となるのは19年秋まで待たなくてよいと筆者は予想します。

19年の春くらいには先行して、通路だけは歩行者が通れるように工事を進めるのではないでしょうかね。

というより、そもそもの話、ここは大阪の一番の中心地、大阪駅の目の前です。工事期間中でも、歩行者に不便な思いをさせ続けることはないでしょう。

ちょうど数年前、東京駅前も大規模な改修工事が行われました。その時も、改修工事期間中でも、歩行者の流れが詰まってしまわないように、仮設通路が作られたり、歩行者を誘導する警備員がところどころに立っていました。むしろ、警備員がいて、通行がスムーズでしたよ。

スポンサーリンク

まとめ

ヨドバシ梅田の階段撤去は、ヨドバシ梅田タワーの着工のため。というのは、一応の建前の理由。そこには、裏の事情があるかもしれません。

しばらくは、階段撤去により通行が不便になります。でもそのうち、警備員付きの仮設通路が出来ると思うので、ちょっとの辛抱ですね。

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

ヨドバシ梅田タワーのオープン日はいつ?構想画像と建設会社(ゼネコン)も調査!

スポンサーリンク

【ご連絡】
ところで、カラコンを使用している方に向けてのお話です。

「このカラコンだったら、どこの店舗で買うのが最もお得なの?」

をお知りになりたいなら、

カラコンリサーチ.com

が参考になります。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする