山手線の防犯カメラ設置のプライバシー保護は?他路線はいつから?

こんにちは、国際結婚ライターのハノンマルです。

JR東日本は2018年春から山手線の車両に防犯カメラ(監視カメラ)を設置すると発表をしました。

目的は、痴漢などの犯罪、迷惑行為の防止、あるいはテロへの脅威の対応などを挙げています。

さて、この車両内の防犯カメラ設置によってプライバシーは保護されるのでしょうか?
また山手線でだけでなく、JRの他路線や他社私鉄への防犯カメラの設置は展開される計画はいつからなのでしょうか?

報道されているニュースから簡潔に情報をピックアップします。

スポンサーリンク

山手線の防犯カメラ設置でプライバシーは保護される?

山手線の車両内に設置される監視カメラは、1車両につき4台のようです。

ドアの上にあるディスプレイ(モニター)の横にカメラを埋め込むとのことです。

埋め込み式のカメラということであれば、高倍率の光学ズームによるズームアップはしないカメラではないかと推測します。

極度にズームアップしなければ、特定の個人が度アップされることもないような気はします。

ただし、今話題の4K対応のセンサを使った監視カメラが使用される場合であれば、解像度が高いので、映像は鮮明に映し出されるかもしれませんね。

どんな仕様のカメラが設置されるかについては、分かり次第こちらの記事にアップする予定です。

プライバシーはどうなる?

ところで、プライバシーについてはどうでしょうか。

JR東日本の話によると、記録されたカメラの映像は、「モニター映像を見る人を厳選し、誰にも見れるような体制にはしない」とのことです。プライバシーには極力配慮されるそうです。

また、保存された映像データは一週間で上書きされます。
そもそも、電車に限らず、今は分譲マンションにも監視カメラはたくさん設置されています。

また、私たちはあまり気づかないですが、既に駅構内には監視カメラが多数設置されています。
では、これまでに私たちのプライバシーが何か侵害された経験があるでしょうか?

別にないですよね。 監視カメラが設置されている場所を私たちは日常的に通行しています。

でも、実際にプライバシーが侵害されたと感じることはないでしょう。

なので電車内にカメラが設置されたからといって、何か生活に支障が出ることはないでしょう。
むしろ、男性にとっては痴漢の冤罪防止効果があって、大歓迎すべきことではないでしょうか。

防犯カメラ監視カメラの他路線への展開はいつから?

さて、この車両内の防犯カメラの設置は、山手線以外の車両にも設置される計画はあるのでしょうか?

日経新聞の情報によると、既にJR埼京線には一部の車両で監視カメラが設置されています。また、京王線、東急線、東海道・山陽新幹線、北陸新幹線では実施中とのことです。

他社で言うと、都営地下鉄は2017年8月からカメラを設置予定。東京メトロは2018年春から設定する予定になっています。

JRの他路線についても、山手線の実験結果次第では、効果があれば順次設置していくのではないかと予想されます。

スポンサーリンク

まとめ

私たちの日常生活の中で、監視カメラは気づかないうちにあらゆるところに設置されています。

今回、電車内に新たに設置されたからといって、何か不便(ストレス)に感じたり、プライバシーが大きく侵害されたような気分にはならないと思われます。

むしろ、犯罪防止、冤罪防止には大歓迎の話ではないでしょうか。

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

東京メトロで石原さとみ出演の海鮮丼ロケ地はどこ?浦安のお店の場所

東京オリンピックの喫煙規制対策の問題は?海外(北京)の受動防止策

2025年万博の候補地決定はいつ?大阪の誘致ライバルはどこ?

スポンサーリンク

【警告】映画やアニメを毎週見る方は、こちらの記事をご覧頂かないと損をします

映画の動画をフルで無料視聴する方法は?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする