八尾(大阪)の不審火の犯人は誰?放火の犯行動機は大家とトラブル?

こんにちは、国際結婚ライターのハノンマルです。

3件連続で起きた不審火の犯人が捕まりました。

大阪の八尾市や生野区にあるマンションの駐輪場で、不審火が連続で発生していました。

捕まった犯人は35歳の無職の男。

さて、この男はどんな人物なのでしょうか?そして、気になる犯行動機は何なのでしょうか?

本事件の手口や犯行場所を基に、犯行の理由や原因を考えてみます。

スポンサーリンク

大阪八尾で起きたの不審火(放火)の犯人の名前は出ないの?

捕まった犯人35歳の男は、報道では今のところ名前が公表されていません。

誰かがまだわからない状況です。普通は犯人が捕まると、氏名が即座に公表されます。

こちらの記事で取り上げた通り魔事件の時も、犯人の名前が公表されませんでした。その時の理由のひとつと予想されるのが、「犯人が精神病を患っていた」ことが挙げられます。

そういう事例を考えると、もしかしたら今回の放火事件の犯人も精神科への通院歴があり、警察が氏名の公表に慎重になっているのかもしれません。

いずれにせよ、氏名が分かれば本記事に情報をアップしていきたいと思います。

放火の犯行理由は?原因を犯行場所から推定すると

では、この男の犯行動機は何でしょうか?

まず、放火をした場所が自分の住むマンションという点が注目すべき点です。

不特定多数の人を狙ったテロに近いような犯行であれば、さすがに自分の住むマンションで犯行を犯すことはないでしょう。テロのような犯行を犯す場合は、人通りの多い場所で起きるのが大体よくある話です。

ということで、今回の事件は、不特定多数というよりも恨みを持った誰かに向けた犯行である可能性が高いと筆者は考えます。

では、誰に対してか?

このマンションに住むある特定の人に対して、恨みを持っていた可能性について

筆者は、その可能性は低いと考えます。

なぜならば、放火は別の場所で3件連続で起きています。もし、ある特定の人物を狙った放火であれば、そのターゲットとなる人の物(ここでは自転車)を中心に手を出すはずです。でも、今回は場所も変えて3回放火行っています。そのため、ある特定の1人のに対して、恨みを持っていたわけではないと考えられます。

では、もう一つ考えられる相手は誰か?

それは、マンションの大家さんです。

何かしらのトラブルで、自分が住むマンションの大家さんに恨みを持ち、大家さんの物件に嫌がらせの放火を行ったのではないかとも考えられます。

例えば、この犯人は無職ですからお金がないはずです。家賃を滞納して、大家さんからひどく取り立てをされていたのかもしれません。

「家賃払えないなら、もう出て行ってくれ」

と。

そして、その腹いせでマンションの駐輪場に放火をしたのかもしれません。

幸いなことに、人間が被害にあったことだけは唯一の救いです。

スポンサーリンク

まとめ

毎日のように、このようなやけくそな人が起こした事件が起きます。

こういう人たちの「真の犯行動機の統計データ」を知りたいですよね。どんな心境になれば、このような犯罪を起こそうと思うのか、そのようなデータがほしいものです。

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

滋賀長浜の量販店切りつけ事件の犯人は誰?名前や犯行動機は?

同性カップル(大阪男性)の里親は誰でどんな人?子供はいじめなく幸せ?

濃野雅士(兵庫)の暴行理由は酒酔いが原因?深夜勤務明けのストレス発散?

スポンサーリンク

【ご連絡】
ところで、カラコンを使用している方に向けてのお話です。

「このカラコンだったら、どこの店舗で買うのが最もお得なの?」

をお知りになりたいなら、

カラコンリサーチ.com

が参考になります。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする