トヨタ車体(三重)の火災の原因と被害状況は?損失は数十億円?

こんばんは、国際結婚ライターのハノンマルです。

今日の午後5時半頃三重県いなべ市のトヨタ車体の工場で火災が起きました。

工場の火災は大きく、出勤していた全従業員約800名が避難し、工場は全体的にストップしています。

さて、この火災の原因は何なのでしょうか?

そして、現在の被害状況はどうでしょうか?

そして、火災が落ち着いた後の工場の被害総額はいくらになるのでしょうか?

緊急速報としてお伝えします。

スポンサーリンク

トヨタ車体(三重)の火災の原因は?

トヨタ車体の火災の原因は何でしょうか?

現在の時点では、はっきりとした原因はわかっていません。

でも、想像は出来ます。

まず、このような精密機械(ここでは車ですが)を作る工場では、様々な種類の高圧ガスが大量に使われています。

そして、高圧ガスが何の原因で、一箇所でも工場内に漏れ出すと、ちょっとした火の気や他の物質との融合によって、大爆発が起きることよくあります。何十年も前にも、日立製作所の武蔵工場でわずかなガス漏れによって、爆発が起き、2人の従業員が犠牲になる惨事が起きました。

わずかなガス漏れが、大爆発につながるので、こういう面では工場勤務の人達は命がけで仕事をされています。

詳しい火災の原因については、火事が鎮火後に解明されることでしょう。

火災による被害状況は?

そして現在の被害状況はどうでしょうか。

今のところ、全従業員は無事に工場から避難をしてけが人はいないとの情報がありました幸いです。

でも一方で、消防隊員が火災現場に入り、煙による被害で病院に搬送されたそうです。

火災対応のプロが病院に運ばれるのです。これだけ、工場火災というのは厄介なものなのでしょう。

スポンサーリンク

被害損失はどのくらい?

人的被害が最も気なるところですが、会社としては被害金額にも頭を抱える問題です。

さて、気になる会社としての被害総額総額はいくらでしょうか?

まず、工場設備の被害状況は火災の規模によるので、正直わかりません。

でも、これだけは分かります。まず、工場がこれで少なくとも1日はストップしました。

避難した従業員が800人とすると、800人分の人件費がまるまる損失になります。

仮に、1人当たりの人件費が1日2万円だとすると、人件費だけで1日1600万円(800×2万)の損害となります。

そして、これだけ大規模な火災であると、もちろん一日だけ工場がストップするだなんてことはありえません。最低でも1週間、長ければ2週間3週間と稼働がストップすることは想像に難くありません。

そうすると人件費だけでも1600万円×日数分の被害損額が出ます。

他には当然、最低でもプラスアルファで工場設備の損害がまるまる圧し掛かってきます。

そうすると、1回の火災で、被害損額は簡単に数億円~十数億円になるでしょう。

まとめ

トヨタ車体の火災による従業員のけが人はいまのところ報告はされていないのが幸いです。

火災の原因は、現在は不明ですが鎮火後に慎重に判断されるでしょう。被害総額は、簡単に億レベルに達するでしょう。

スポンサーリンク

【以下、カラコンをお得に手に入れたい方だけのお話です↓】

「このカラコンだったら、どこの店舗で買うのが最もお得なの?」

をお知りになりたいなら、

カラコンリサーチ.com

が参考になります。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする