地方移住2019の助成金(補助金)の支給(受給)金額や条件は?起業の選択肢候補も

政府は、首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)の一都三県から地方へ移住し、就職・起業した人への支援をする方針を固めました。このニュースが2018年8月28日のことです。

地方創生推進交付金と言って、一人当たり最大で300万円の支給(受給)の可能性があるとのことです。2019年施行です。

さて、この制度による交付金(補助金・助成金)の支給(受給)条件や、金額はいくらになるのでしょうか?

また、地方で就職ではなく、起業をする場合、なにをして起業するのか?

迷いますよね。

特に、これまで会社勤めの人にとっての心配ごとです。

最初の起業に役に立つ情報入手方法について調べてみました。

スポンサーリンク

2019年度から施行予定の地方移住者への助成金(補助金)の支給(受給)金額や条件は?

2018年8月28日の時事通信社の最新報道によると、

「地方移住した人は最大300万円が受給できる条件がある」

と書いてあります。

記事によると、支給金額が多いのは、就職ではなく、起業をした人に対してです。

「起業時の設備や建物の賃借費などの必要経費を含めて最大300万円支給」

とのことです。

一方、就職の場合、

政府が開設するウェブサイト、移住者とのマッチングサービスサイト経由で就職した人に対して、最大100万円が支給されるとのことです。

特に、地方の中小企業や社会福祉法人などに就職した人が対象です。

それ以上の詳しい話は、まだ出てきていません。施行前なので、支給条件や金額が変わる可能性があるので、今の時点では深追いして調べません。

もう少し時期を見て、情報が出てきてから記事をアップしていきたいと思います。

ちなみに、この制度は2019年度に施行される予定の話です。

今回の制度の目的は、東京一極集中の解消です。

でも、東京一極集中なのは仕方がありませんよね。首都圏に働き口がたくさんあるからです。

ということは、別の言い方をすると、

「地方では仕事が少ない。仕事内容が限定されている」

とも言えます。

今回の助成金の支給金額の差を考えれば、政府の狙いが見えてきます。

  • 就職の場合、最大で100万円支給
  • 一方、起業の場合、最大300万円支給

つまり、政府の意図は、

「地方移住を推進するけれども、地方にはそんなにたくさん仕事はないよ。だから、起業して自分で仕事を作ってくれ」

と聞こえます。

では、なにをして起業すればいいのか?

私を含め、これまで雇われの側にいた人にとっては、どうしてよいかよく分かりません。

そこで、いきなり何もなしに起業するのではなく、起業の手助けとなる情報を入手でき、サポートを受けながら起業が出来る方法を探しました。

起業が比較的しやすい選択肢の候補

調べてみて、私が参考になるなと思ったのは以下の2つです。

1つ目は、フランチャイズの比較サイト。

100以上のフランチャイズを比較し、無料で資料請求が出来るサイト

1つ目は、こちらのサイトです↓



こちらは、100件以上のフランチャイズビジネスについて比較ができるサイトです。

フランチャイズと言えば、例えば、コンビニです。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど。

もちろん、コンビニに限らず、

飲食店・小売店・介護福祉・教育・サービス・リフォームなど、色々な業界でのフランチャイズがあります。

フランチャイズを展開している詳しい企業名は、こちらのサイトに入るとすぐに確認ができます。

もちろん、フランチャイズにはメリット・デメリットの両方があります。また、人によって、フランチャイズ形式が合う/合わないというのもあります。

時間を掛けてよく検討をするのが絶対によいです。

その点において、こちらの比較サイトでは、気になる企業があれば、何件でも資料請求が無料でできます。

時間がある今のうちに、気になる会社に資料を請求をして情報を調べるのが良いと思います↓

新規事業立ち上げで絶対に知っておきたい5つのポイント

無料で即行でネットショップで起業を始める

そしてもう一つが、自分のネットショップを持って起業しちゃうという方法です。

こちらのサイトです↓



こちらのサイトに入ると、いきなり、元SMAPの香取慎吾さんの顔がニコニコ顔で出てきます。

既にこのサイト経由でネットショップを開設された店舗数は、50万店舗を突破しています。

ファッション・雑貨・ハンドメイド・食品など、どんなカテゴリーのショップでも簡単に、しかも無料で作れるのが特長です。

どのくらい簡単かというと、このサイトのウリが、

「30秒でショップが作れちゃいます」

というほどです。

ネットショップであれば、最初の資は基本的にかからないも同然です。もし、事業に失敗しても、痛手は実店舗を運営するよりもはるかに少なく、リスクが少ないやり方だと思います。

しかも、こちらのサイトを使うと、簡単にショップが作れます。ということで、まずは会社に勤めながら副業レベルから起業を試してみたい方にとっては、1つの選択肢となると考えます↓

初期費用・月額利用料0円からはじめるネットショップ【BASE】

スポンサーリンク

まとめ

政府は、地方への移住を推進する舵を切りました。

2019年度は、東京・埼玉・千葉・神奈川の1都3県からの移住に限ってですが、起業をした場合、最大300万円支給の可能性があります。

19年度の制度施行後は、世間の人が一気に動き出す可能性があります。

まだ周りの人が動いてない今のうちに、本記事で紹介したサイトを利用し、事前検討・資料請求などをして、人よりも早く行動をされると、有利な条件で移住後の仕事ができる確率を上げることが出来ると思います。

というより、無料で利用できますから、利用しない手はありません。

無料の情報収集と資料請求なら、こちら↓

新規事業立ち上げで絶対に知っておきたい5つのポイント

とりあえず、無料でネットショップを立ち上げてしまうなら、こちら↓

初期費用・月額利用料0円からはじめるネットショップ【BASE】

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする