【群馬昆虫の森】売店(レストラン)軽食ランチ(食事)の混雑度は?値段やメニューと感想も

群馬県桐生市にある「ぐんま昆虫の森」へ2018年9月16日(日曜日)に子供2人を連れて行ってきました。

雨上がり後の程よい気候の行楽日でした。

私はここに行くのが初めて。

昆虫の森のホームページを事前に念入りに調べたところ、売店で軽食が売っていることを知りました。なので、なので、お昼ご飯はぐんま昆虫の森で食べました。

今回の記事では、ぐんま昆虫の森内でのランチについて、

  • 売店(レストラン)の軽食を食べた感想
  • 休日(土曜・日曜・祝日)の座席の混雑度
  • メニューや値段(価格・料金)

など、実際に私が体験した情報をお伝えします。

スポンサーリンク

ぐんま昆虫の森は何気に人気で、混雑していた

昆虫の森の写真をきれいに撮られている方がいましたので、私の、ど素人写真の代わりにこちらを引用させて頂きます↓


この日、ぐんま昆虫の森の係員の人2人から話を聞く機会がありました。

一人のスタッフの方は、

「最近、群馬県以外のところから、ここに来る人が多いんですよー」

と、人気上昇中のスポットであることを教わりました。

駐車場の車のナンバーを見ると、確かにそれは当たってる。三連休だったからか、おそらく、半分以上の車が群馬県外のナンバー。

ざっと見ただけで、八王子、川口、品川、野田、川崎など、首都圏から来ている車が多かったです。

もう一人の話は、子供の体験教室みたいなのに参加した時の話。

スタッフ「(30人以上も体験教室に集まったのを見て)今日みたいに、こんなに人が集まったのはこれまでで初めてです。びっくりしています。」

と言っていました。

ここ最近、ぐんま昆虫の森の人気度が上昇しているのでしょうか。

あー、きっと、こういうテレビの影響ですねー↓

ぐんま昆虫の森の売店で昼ごはんを食べた体験談・感想

さて、そんな状況ですので、売店のランチも非常に混雑していました。

私たちは、12時半に食堂のある売店へ行きました。

座席の混雑具合は?

店内の座席は、四人席が10テーブルほどありあました。また、カウンター席が10席程度。

完全に満席でした。

幸い、5分ほど待ったら、4人席が空いたので私たちはテーブルつくことが出来ました。

カレーやうどんは、小さな使い捨ての容器に入れた状態で出てきます。なので、座席が混雑していても、容器が手で持ち運べるようなものなので、外のベンチや階段状の場所で食べることもできます。

売店の軽食メニューや値段は?

ランチのメニューは主に、カレーライス、うどん、カレーパン、チュロス、フライドポテト、ホットドッグなど、いわゆる、本当に軽食です。

うちらは、

  • うどん(冷たいうどん)450円
  • 甘口カレー 450円
  • カレーパン 300円

を食べました。

味はどれも普通に美味しいです。

その中でも、カレーパンが一番味はよいですね。パン専門店で買った、出来立ての味のレベルです。

量は少ないです。お祭りの出店で買うような感じです。

具体的には、小学生1年生のうちの息子は、うどん1杯だけ食べても、ちょっと物足りないくらいです。

食べ物の値段は、暴利を取っているわけではありません。でも、量が少ないので、これだったら、コンビニのおにぎりを買っておいて、外で食べた方がボリューム的には満足度が高いかなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

休日、ぐんま昆虫の森でお昼ご飯を食べた感想や体験談をお話しました。

お弁当を持参しなくても売店に食べ物は沢山あります。味はグッド!

でももし、お金を節約しながら満腹になりたいなら、自宅からおにぎりを作ってくるか、コンビニでおにぎりを買って外で食べるほうが、お腹の満腹度の満足感は高いと思います。

P.S

うちの7歳、4歳の子供は昆虫の森が非常に気にいったようです。

群馬って子育て環境がええわ~。思い切って、家族で群馬に移住した決断は大正解やわ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする