墓じまいガイドの見積り資料請求の方法は?離檀料トラブルを防ぐ手段と対策

2018年のお盆真っ只中。

墓じまいの時の離断料(りだんりょう)のトラブルが増加していると言ったニュースが流れていました。

私にも、もうすぐ70歳を超える両親がいます。3年前、父親は希少がんになり、一命は取り留めたものの、今では体重も激減。縁起でもないことなので、考えたくもありませんが、正直いつ亡くなっても仕方がないといった覚悟は持っています。

ということで、このお墓に関するトラブルに、私も非常に敏感に反応しました。

ご家族の誰かがお亡くなりになった時に、慌ててお墓選びをすると、業者やお寺のいいなりになるかもしれない。だから、事前に墓選びをしておき、もし将来、墓じまいをするときにもトラブルを避けたい。

そんなことを検討出来るサイトがないかを調べました。

※先に結果から言うと、こちらのサイト。全国の墓地・霊園のポータルサイトです。

物件の扱い件数が7000件以上。無料でお墓の相談・紹介・見学をしてくれる老舗の運営会社でした。こちらで調べるのがよいことが分かりました↓

スポンサーリンク

墓じまい時の離檀料トラブルとは?

今回、ニュースでトラブルになっていたのは、非常に簡単にいうと、

  • もともとお寺でお墓を作っていたが、
  • お墓の管理が難しいので、「墓じまい」をし納骨の管理を任せる「永大供養」に切り替えようとした
  • そしたら、もともとのお寺から高額な離檀料を請求される

といったトラブルです。

墓じまいをする時、もとのお寺の離れるために、解約料みたいなものをお寺から請求されるということですね。その金額が不明瞭なため、ぼったくりが発生しているとのことです。

お墓の運営トラブルを防ぐために事前の対策とは

時間的に余裕がある今のうちに、事前に墓選びをしっかりしておけば、後々トラブルになる確率を極力下げることができると私は考えました。

そこで、私が色々調べたところ、

  • 一番歴史があって、信頼と実績があり
  • お客さんの満足度が高い(ナンバーワン)お墓の総合サイト
  • テレビでも取り上げられていて知名度がある会社

を調べた結果が、こちらです↓
お墓のポータルサイト【お墓さがし】

事前に資料請求・相談・お墓の見学までが、無料でできます。

その結果、お墓の運営システムがどのようになっているかを事前に把握することができます。

ご家族の誰かかが亡くなった後、急いで葬儀をしてお墓を決める場合、

  • とにかく時間がない
  • 業者(葬儀屋・お寺・お坊さん)側の言いなりなる

というのが多いと思います。

その類の話は、私も田舎に帰ると、両親や親戚のおばちゃんから何度も聞いたことがあります。

今、時間に余裕がある今のうちに資料請求・相談・見学をして、ご家族が健康なうちに探すのが一番トラブルに巻き込まれないと考えます。

スポンサーリンク

まとめ

ご家族に不幸があってから、急いでお墓のことを検討するので、のちのち「墓じまい」をする時にもトラブルに巻き込まれてしまう可能性が高くなると考えます。

こちらのサイトを閲覧したり、気になるお墓へ資料請求・相談・見学の相談をするのは無料です。こういうサイトを活用しない理由が、どこにもありません↓
お墓のポータルサイト【お墓さがし】

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする