清原和博の告白のネタバレや感想!読む価値ある本か内容をピックアップ

元プロ野球選手の清原和博さんが「告白」という本を出版したのが2018年7月27日。

2018年夏の甲子園大会で、清原さんが甲子園へ試合見学に来ていたことも話題となった時期に重なった影響も多少あるのか、本書が話題です↓

さて、

  • 清原さんの「告白」を読んだ感想
  • 内容、ネタバレをちょっぴり

さらっとお話しします。

また、

特に、ご自身が今、どのような点を後悔されているのか、ご自身をどのように分析されているのかが気になりました。

本書を読むと、答えの一端が少し分かった気がします。

スポンサーリンク

清原和博「告白」のひとこと感想

まず先に言っておきます。

この本は、Amazonのレビューにも書いてありますが、

清原さんの覚醒剤使用の経緯や家庭についての内容についての内容は少ないです。そういう内容を期待している方にとっては、ちょっと期待はずれかもしれません。

私自身が本書で勉強になったことは、

「清原さんのメンタル的に弱かった点の分析をご自身が正直にされているな」

という点です。

「告白」の中から、1つだけネタバレ

あれこれと内容をピックアップしたいのですが、キリがないので、私がこれと思った内容を1つだけピックアップします。

それは、清原さんが、松井秀喜選手を見て、人間的に違うなと比較分析されている内容。

本書を軽く引用します↓

感情を見せないんです。僕なんかはチャンスで打てなかった日は、ベンチからロッカーに戻って、椅子に座ったまま30分は動けませんでした。

松井は悔しくなかったんじゃなくて、感情をうまくコントロールできる人間なんだなと思います。

僕とは根本的に違うんです。だから松井は松井。年齢にかかわらず彼には彼の凄さがあると自分の中で認めたんです。そうしたら、それからはあまり意識しなくなったというか。解放されました。

引用元:清原和博著書「告白」ページ119

松井秀喜選手は自分で自分がコントロールできる。

一方、清原さんご自身は、

「メンタルが弱く、感情をうまくコントロールできなかった」

こんな分析をされています。

ここを読んで、そういえば、あの野村元監督も書籍の中で、

松井秀喜選手がメジャーリーガーの時に、常に松井さんのことを褒めておられました。

「松井のインタビューするときの受け答えが非常に紳士的で素晴らしい」

と。

ちなみに、同じくメジャーリーガーのイチロー選手の人間性については、野村さんは批判的な発言をされていましたね。

話が逸れますが、野村さんの最新本も相変わらず面白いです↓

本のタイトルからして手に取りたくなっちゃいます。

話を戻すと、

「告白」の醍醐味は、第三者ではなく、清原さんご自身がご自身のことを分析されている点です。(例えば、ここで取り上げた松井選手との比較)

実体験を語っていますので、こういうところに、私も学ぶところがありました。

清原和博「告白本」から学ばせてもらったこと

清原さんは、メンタルの弱さ、自分の感情をコントロールできなかったとご自身を振り返られています。

本書の中で、対照的な人として、松井秀喜さんとの違いを例に挙げていました。

私は清原さんに会ったことがないので、清原さんの本性がどうなのかを話すことは出来ません。

ただ少なくとも本書を読んでいえることは、

「自分の感情をコントロールできないと人生転落する可能性がある」

ということ。

今回たまたま、清原さんは薬に走りました。

でも、違法な薬とまではいかなくても、感情がコントロールできなくて、

  • お酒を大量に飲んでうさを晴らす
  • 家族に八つ当たりする(奥さんに暴力振ったり、子供を怒鳴りつけたり)

と言う行為も自分の感情をコントロール出来ない例でしょう。

こう書いていたら、私はハッとしました。

そういえば、会社で嫌なことがあった後、自分も子供に八つ当たりしている時があることに気がつきました。

機嫌が悪い時は、子供に

「おい、宿題やってへんのか。早くやれや」

と、無駄に乱暴な言い方で子供を叱りつけてしまうことがあります。

非常に反省。

清原さんの本を読んで「人のこと言えないな」と。

どんなことで憂さを晴らすかは、人それぞれ違うにしても、私も感情のコントロールができていない時があることに気がつきました。

感情コントロール、感情コントロールと覚えておく

そういえば、清原さんが対照例に取り上げていた松井秀喜さんは、現役時代、マスコミのインタビューで非常に紳士的な対応で答えられている映像を思い出しました。

その日の試合で活躍をしていない時でさえ、冷静に紳士的な態度で受け答えをされていました。

野村元監督の書籍でも、松井秀喜さんのマスコミに対する姿勢、人間的な素晴らしさを褒め称えていました。

ちなみに、本書を読んで、一番ぐっときた箇所はここです。

清原さんが膝のリハビリ中に子供達と触れ合った場面をインタビュアーに話す時、小刻みに体を震わせ目に涙を浮かべていたという記述。

清原さんの言葉を引用します。

「幼稚園の時に七夕の短冊に願い事を書いたことがあったんです。他の友達はみんな自分の願い事を書いているんですけど、うちの息子だけ『お父さんの膝が治りますように』って書いてあったんです。後から妻に教えてもらったんですけど、それを聞いた時もう涙が止まらなかったです。」

引用元:清原和博「告白」

スポンサーリンク

まとめ

清原和博さんの「告白」

Amazonでのレビュー(書評・感想)は、「評価が非常に高い」のと「期待はずれ」という感想の両極端です。

本書を「何か自分自身に学びがあるかな」という点で読むと価値があると思います。

その一方で、「清原選手が覚醒剤へ進んだ過去の背景、家庭崩壊のストーリー」などの内容を求めるのであれば、読んで期待はずれと感じるのかもしれません。

清原和博さんの告白を読んで、わたし自身を振り返るきっかけになりました。

「感情コントロールしないと人生棒に振る可能性があるから気をつけよ」

精神不安定になることがあるなと思う方は、一度本書を読まれることをオススメします↓

P.S

精神、心、感情のコントロールの方法でちょっと探してみたら、こんなのがあるんですね。

精神安定サプリ。薬とまではいかなくても、不安感、無気力、落ち込み、眠れない、イライラ。 そんな時のメンタル面の辛さをサポートしてくれるサプリメント。

専門医との共同開発で、アメリカと日本で特許取得している心のサプリで、「90%の人が実感」と買いてありました↓



初回はかなりお買い得の価格です。