人に合わせるのが疲れた時に読む本!人間関係がうまくいく和田裕美の評判の書籍を紹介

「もう、人に合わせるのが疲れたよ」

そんな、人間関係に悩んだ時におすすめの一冊の本が、また一つ見つかりました。

それが、こちら↓

スポンサーリンク

「人に合わせるのが疲れた時」に読んだ方がいい本!

私はこれまで、鬱陶しい人間関係が嫌になったり、生きるのに疲れたな(ちょっと大げさだな)と感じた時は、いつも小林正観先生の本を読んでいました↓

生きる大事・死ぬ大事 死を通して見えてくる幸せな生き方 [ 小林正観 ]

(すでにお亡くなりになられたので、もう新刊がでないのですが)

でも、今回紹介した和田裕美さんの本もなかなかイケます。

和田裕美さんといえば、営業コンサルタントをメインにお仕事されている方です。売れる営業パーソンになる本など、営業系の書籍で評判です。

私も、マーケティングや営業の勉強するために和田さんの本を5、6冊読んだことがあります。

今回読んだ本は、ちょっと趣向が違っていて、

「人間関係に悩んだ時や疲れた時」

に読むのに最適な本でした。

本書のメッセージで一番刺さった箇所は?

一言で言うと、

「人にいちいち迎合しなくてもいいよ」

というメッセージ。

人に合わせなくてもいいよということを、この一冊の本で語られています。

「人の話は真面目に全部聞かなくてもよい。そういう意味での自己中になれ」

と言ったことです。

スポンサーリンク

まとめ

気を遣い過ぎる性格で、人間関係に疲れている方は、是非本書を読んでみて下さい↓

人に合わせるのが疲れた時は、この一冊、効きます!

P.S

「本だけでは悩みが解決出来そうにない」といった時は、こちらの相談所もご紹介しておきます。歴史が長く、多くの実績があって、相談員が沢山いるのが、こちらです↓



悩むぅ…(´Д`)
そんな時⇒Click

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする