XilinxFPGA(Spartan-6)のFMCメザニンコネクタ用2.54ピッチ変換ボードや変換ケーブルは?

XilinxFPGA(Spartan-6)のFMCコネクタから2.54ピッチなどの汎用基板に中継して、端子をつまみたい時にどんな変換ボードやコネクタがあるのかを調べた。

色々なベンダーから、変換ボードやコネクタケーブルが販売されているのですが、私が一番手っ取り早くて便利と思ったのがこちら↓

ザイリンクスから発売されているFMC-XM105デバッグカード

  • 価格: $159
  • パーツ番号: HW-FMC-XM105-G
  • デバイス サポート: Spartan-6, Virtex-6

スポンサーリンク

ネットで検索してもなかなか出てこなかったので、ここにメモしておいた

なぜこれが便利かというと、本基板をFPGAのFMCコネクタに差し込むだけで、端子をモニタ出来る点。

ザイリンクスから発売されているので、簡単に見つかりそうなものだが、ザイリンクス製品やFPGAを使いこなせていない私のような人にとっては、この商品を見つけるまでに時間が掛かりました。なので、忘れないように記録しておきます。

他のFMC変換ボードやケーブルの候補は?

本商品を見つけるまでには、下記のような商品を候補として考えていました。

ザイリンクス製ピンヘッダーカードTB-FMCL-PH

もちろん、これでもいいのですが、ケーブルが別途必要になる点が面倒でした。

そして、そのコネクタの候補としては、HiTech GlobalのFMCコネクタです。FUJISOFT経由で購入は可能とのこと。

本家のHPは、こちら

他には、FMC LPCコネクタのI / Oピンに簡単にアクセスできるFMC_AN1という変換基板。

これらも当然いいなとは思ったけど、結局は、1製品を購入するだけでFMCコネクタから出ている端子を見られるFMC-XM105デバッグカードを採用しました。

それにしても、FPGA初心者にとっては、この商品を見つけるが簡単ではなかったですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする