「 本 」一覧

分からないことをすぐに人に聞くのと自分で調べるのでどちらが成長できるのか?

分からないことをすぐに人に聞くのと自分で調べるのでどちらが成長できるのか?

分からないことをすぐに人に聞くのがいいか? 自分で調べて解決するクセをつけた方がいいのか? 社会人になると、入った部署によって、 分からないことを手厚く先輩が教えてくれる環境 一方、 先輩社員が忙しすぎてほったらかしの環境 に分かれるものです。 後者に配属された新人さんは、他の同期が手厚くサポートされていると、 嫉妬するものです。 では、どちらの環境が本人の成長につながるのか?

気分の悪い嫌なことを言われて言い返せない自分を変えたい時に読む本「中野信子のこども脳科学」

気分の悪い嫌なことを言われて言い返せない自分を変えたい時に読む本「中野信子のこども脳科学」

気分の悪いことを言われる 嫌なことを言われる でも、相手に言い返せない。 そして、そんな言い返せない自分にも嫌気をさす。 自分はダメな人間だ。 そんな気持ちになりがちな人は絶対に読んだ方がいい本です。 子供に限らず、大人にとってもためになります。

精神の弱さやストレスとうまく付き合う方法を曽野綾子さんの本から学べる

精神の弱さやストレスとうまく付き合う方法を曽野綾子さんの本から学べる

会社の人間関係でストレスを抱え、 心が病みすぎていろんな人の本を読みまくっていました。 私と同じような方へおすすめの本です。 最近読んだ曽野綾子さんの本4冊。 曽野さんは現在90代の方。読者のメインは60代以上のご年配の方と思われます。 でも、意外にも、40代や50代の仕事の現役世代にとっても、精神安定につながるアドバイスがたくさん書いてあります。 特に、4冊読んだうちの1冊。 その本は「不調な時の私の対処法 病気も人生」

人生苦しいけど生きていられるだけで十分というのは本当?曽野綾子さんの本で学ぶ

人生苦しいけど生きていられるだけで十分というのは本当?曽野綾子さんの本で学ぶ

最近、会社の人間関係でずっと悩まされています。 なんとか解決の糸口が見つからないか?では一方で、具体的ではなくもっと自分の根幹の考え方を変えてくれる本はないのか? 「生きてるだけで十分に幸せ」 と考えることができれば、もっと生きるのが楽になるなーっと思って、 そういう考えにさせてくれる本を探していました。 その結果、いまのところ今のところこの本が一番よいです。 特に、「人生の苦しさについて」

会社の仕事のプレッシャーで頭がいっぱいで常に悩んでいる状態を解決してくれる本はやっぱり古典

会社の仕事のプレッシャーで頭がいっぱいで常に悩んでいる状態を解決してくれる本はやっぱり古典

なんか常に会社の仕事のプレッシャーで頭がいっぱい。 とか、 会社にいる嫌な同僚と、どうしても一緒に仕事をしない状況で毎日悩みのような憂鬱な気分。 とか、 何かはっきりしたことはわからないけど、とにかく仕事のプレッシャーで休みの日ずっと落ち着かない。 寝ている時でも仕事のことが頭に出てくる。 とか。 これはまずいなーっ言った時に、どんな本を読むと心が落ち着くのか?