mbedアカウントの作り方(登録方法)!初めてサインインした時の使い方メモ

ARM mbed へのアカウント登録を2018年12月に行った時のメモ書き。

登録方法は、こちらで日本語で書いてくださっている方がいて、助かりました。

登録方法の流れが書かれています。

ただし、

  • 多少登録画面がアップデートされていて、登録画面がちょっとだけ違っていたこと
  • ちょっと登録で手戻りしたこと

があったのでメモ書きしておきます。

スポンサーリンク

mbedアカウント登録時のメモ書き

一つ目は、ユーザー名。こちらはすでに世界で誰かが登録しているユーザー名は使えないので、オリジナルの名前が必要。

私は3回ほど入力してようやく登録OK.

スポンサーリンク

次に、下記のチェックボックス。

上のチェックボックスは、チェックしなくても登録ができました。別にチェックしてもいいと思いますが どうやらARMから今後、何かお知らせが届くのではないかと思います。連絡が来てもめんどくさいので、私は今回はパス。

一方、下の方はチェックしないと次に進みません。

また、「私はロボットではありません」のチェックで、プライバシー(セキュリティ)のチェックも必要。

それだけクリアすれば、すぐ簡単に embedアカウントの登録が完了。

使ってみると感動。ネット(クラウド)上に開発環境、そしてコンパイルまでできちゃうんですね。コンパイル後、バイナリファイルが Windows の PC 上でダウンロード。そして、基板へのファームウェアの書き込みまで簡単。

こちらが参考書↓

なんでもクラウド上でやっちゃう。もうそんな時代だったんですね。私、完全に時代遅れだったかもしれません。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする