大相撲チケットの取り方や裏技は?確実で安い入手方法と巡業の購入料金も

「大相撲のチケットを取りたいけど、売り切れでなかなか手に入らない」

「何週間、何か月も先のチケットを買っても、仕事で行けなくなったらどうしよう」

大相撲を実際に見に行きたい方のこんな悩みが聞こえてきそうです。

実際本当に、大相撲の席って取れないんですよね。

今この記事を書いている2017年11月20日は、大相撲「九州場所」を開催している最中です。

8日目が終わり、残すところあと7日間。さて大相撲の座席が取れるのか、九州場所のチケット販売状況をネットで確認しました。

すると、

見事に「オール×(バツ)」

全て完売です。

このように、大相撲のチケットを購入するのは難しいです。

でも、簡単に大相撲のチケット(もちろん座席指定)を取る裏ワザがあるんです!

しかも、確実で安く買える方法です。

それが、今回紹介するチケットキャンプです。

お急ぎの方は、チケットキャンプの公式HPに入り、「大相撲」と検索してみてください。

チケットキャンプの公式HPは、こちらです

【207年12月7日:お知らせ追記】

2017年12月7日からチケットキャンのサービスが停止しました。そのため、本記事でもチケットキャンプサイトへのリンクを削除いたしました。

チケットキャンプに代わるチケット売買サイトの候補は、「チケットストリート」です。ここに、あなたがお探しのチケットがあるかもしれませんので一度確認してみてください↓
「チケットストリート」で安心のお取引

正規ルートでは売り切れのお宝チケットがザクザクと出てきます。

チケットを売りたい方はこちらから↓
サポート万全。「チケスト」で売る!

スポンサーリンク

開催直前、明後日2日後の大相撲チケットまで買える!

2017年11月の大相撲の話題でいうと、日馬富士と貴ノ岩が絡む暴行事件で大相撲のスキャンダルニュースで世の中持ちきりです。

そんな悪いイメージの事件があっても、大相撲はいつでも大人気。指定席のチケットは連日「満員御礼」の状態が続いています。

「大相撲を観たいなら、チケットの予約を早い時期からすれば買えるでしょう?」

というご意見はもっともなお話です。

でも、お仕事を持っている方にとっては、何週間、何か月も先のチケットを予約するのはリスクがあります。

というのは、大相撲が終わるのは午後の6時です。

遅くても、幕内力士の「中入り後」の取り組みが始まる午後4時くらいには、会場に入場し、少なくとも2時間は大相撲の観戦をしたいですよね?

チケットを予約したけど、その日お仕事が入るかもしれない。会社を休めるのか、早退出来るのかがわからないから予約を先延ばし。

そうこうしているうちに、今回も見事に座席が完売。

そんなことを繰り返して、なかなか大相撲の観戦に行けない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで大活躍するのが、今回紹介するチケットキャンプ(チケキャン)

チケットキャンプでチケットを購入すれば、大相撲の場合、二日後のチケットでも簡単に手に入るんです。

チケットを個人で売買できるサイトです。どこかのダフ屋のように、正規料金の2倍、3倍あるいは10倍といったありえない価格で販売している訳ではありませんよ!ものすごく良心的な価格のチケットがあふれています。

もうここで私が説明する必要はありません。

下記の画像をクリックして、チケットキャンプの公式HPに入ってみてください。

公式HPに入ったら、ページ一番上の検索窓で、大相撲」と打ち込んでみてください。

2017年12月7日からチケットキャンのサービスが停止しました。そのため、本記事でもチケットキャンプサイトへのリンクを削除いたしました。

価格も良心的!定価より安いお宝チケットにありつけるかも!

例えば、この記事を書いている11月20日の二日後、11月22日のチケットがどのような値段で売られているのかを調べてみました。

例えば、九州場所の「椅子C席」

こちらは、正規料金が税込で2300円です。

それが、チケットキャンプでは、定価以下の一枚2000円で売られていました。しかも、最大で、4連番の座席。つまり、複数の人で行っても、隣り合わせの席が確保されたチケットで売られています。

大相撲のチケットを購入した個人の方が、「何らかの都合で行けなくなったため、こちらのサイトで売っている」という理由でチケットが売りに出されています。

チケットキャンプの特徴は、タイムリーにチケットが次から次へと出てくることです。

一方で、今紹介したような、定価より安い大相撲のチケットは即行で売り切れる可能性があります。

なので、「この日程で大相撲に行けそうだな」と分かった瞬間に、チケットキャンプに入り、大相撲のチケットを検索することをオススメします。

チケットキャンプを今すぐチェックすべき理由

チケットは生ものです。早い者勝ちです。定価以下のチケットというのは、実はそれほど多くはありません。

私が大相撲のチケットをざっと見た限り、定価よりも数百円プラスアルファで売っている販売者が多いです。

(でも、どれも決してダフ屋のような法外な価格ではありません)

明後日、2日後のチケットを定価よりプラス数百円で支払う価値は十分にあると思いませんか?

チケットキャンプであれば、何ヶ月も前から大相撲のチケット確保し、

「本当にその日に仕事が入らず休めるのかなぁ」

と心配することがなく、精神的にも健康的です。

チケットの安全性・信頼性は?

一方で、ここでご紹介したチケットキャンプについて、不安もありますよね?

「買ったチケットが偽物だったらどうしよう」

そんな心配をする方もいると思います。

でも、チケットキャンプの良いところは、売り手(販売者)の信頼評価がちゃんとされている点です。

「良い」「普通」「悪い」の3段階評価で売り手が常に評価されています。

偽物を売ってしまったら、即行で「悪い」の評価がつくでしょう。

悪事を働くことができないようなシステムになっていますので、安心です。どうしても心配であれば、「良い」の評価しかついてない販売者から買えば、かなり安心だと思います。

巡業のチケットも販売中

また、大相撲の巡業のチケットも多数流通しています。お住まいの近くで巡業があるときにも、チケットキャンプが役に立ちます。

巡業の購入料金についても、定価よりも安い価格のチケットも売っています。

例えば、2017年12月11日の北九州場所「冬巡業」のチケットが、定価6000円のところ、5400円で売っているチケットを見つけました。

定価よりも安いチケットって、「自分だけ得した感」があって嬉しくなりませんか?

スポンサーリンク

まとめ

以上、大相撲チケットの取り方(入手方法)の裏技でした。

大相撲のチケットの入手方法には、チケットキャンプという手があります。

遠い先の予定を心配せずに、開催直前に、しかも運がよければ定価よりも安いチケットも出ています。

使わない手がありません。

2017年12月7日からチケットキャンのサービスが停止しました。そのため、本記事でもチケットキャンプサイトへのリンクを削除いたしました。

チケットキャンプに代わるチケット売買サイトの候補は、「チケットストリート」です。ここに、あなたがお探しのチケットがあるかもしれませんので一度確認してみてください↓
「チケットストリート」で安心のお取引

チケットを売りたい方はこちらから↓
サポート万全。「チケスト」で売る!

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

チケットキャンプ停止(終了)の理由や原因は?サービス再開見込みがいつかも調査

東京マラソン2018のボランティアの申し込み方法は?倍率と服装や感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする