鼻からの胃カメラ(内視鏡)は痛くて苦しかった?検査中の恐怖時間を乗り切った方法

40歳を過ぎたので、私もいよいよ胃カメラをやってみることにしました。

年一回の健康診断(人間ドック)。

これまでは、胃カメラは「痛い」「嗚咽する」「苦しい」などのイメージがあって、避けてきました。

胃カメラの代わりとなるバリウム検査をした時、2年前、お腹が苦しくなり1日中体調が悪かった経験があります。だから、去年なんて ABC検査(ピロリ菌がいるかの検査)のみで、バリウム検査さえもしませんでした。

でもさすがに40歳。そろそろ胃の検査をしっかりやっておこうと決意し、今年は健康診断で胃カメラをしました。口からの胃カメラではなく、鼻からの胃カメラです。

さて、私のケースでしかありませんが、

  • 鼻からの胃カメラは、痛みはあったのか?
  • 苦しみはあったのか?
  • 何分くらいで終わったのか?
  • どうやって苦痛の時間を過ごしたのか?

初めての胃カメラの記録を残しておきます。

スポンサーリンク

鼻からの胃カメラ(内視鏡)は麻酔のおかげで痛みはほとんどなしだった

結論を言うと、鼻からの胃カメラは、私の場合は、

痛みはほとんどなし。

ただし、胃の中に管が入ったあとは、炭酸飲料をたくさん一気に飲んだような違和感。ゴワゴワ感が続いた。

自分なりに、検査中の時間が過ぎる工夫さえすれば、平気だということがわかりました。

まず痛みについては、鼻に麻酔をかけるので痛みはなかったです。

どちらの鼻が、内視鏡の管が通りやすいかチェックしてもらいました。右と左の両方の鼻に麻酔をしました。私の場合は右よりも左の方がよいと判断され、左からカメラを入れました。

内視鏡を入れた時、鼻にツンとした痛みのようなものがありますが、麻酔のおかげで痛いという苦しみはありませんでした。

インフルエンザの検査時、綿棒みたいなものを鼻に突っ込まれる時の方がよほど痛いです。

あと、歯医者で歯の神経をとる治療の時の方がよっぽど痛いです。

鼻を通り、喉とか食道辺りを通過するときに、一回、自分で飲み込む動作をします。(医者の指示で)

その後は、つるつると胃の中に管が入っていく感じが分かりました。

(そのあとは、唾を飲み込む動作はしない方がよいとのこと。嗚咽をしやすくなるからだそうです)

胃カメラが終わるまでの時間を乗り切った方法

胃の中に管が入ったあとは、ぼーっとして、何も考えないように意識していました。

息を吸って、息を吐くということに集中していました。

胃の中にカメラが到着した時は、炭酸飲料が大量に胃の中に入ったようなゴワゴワ感が続きました。これはちょっと気持ち悪いですね。気持ち悪いのは気持ち悪いです。ただし、痛みはありません。

で、ここで乗り切った方法は、

部屋の中の遠くの方をぼーっと見ること。

私の場合は、壁に時計があったので時計の秒針をじっと見つめ、カチカチするのを見つめながら過ごしました。そして、右手で自分の太ももを強くつまんでいました。意識を足の痛みの方に集中させるためです。

(検査士の話では、胃カメラ中は、身体はリラックスした方がよいとのこと。特に、目を閉じず顔をリラックスした方が苦しみはないとのこと)

恐らく5分くらいでしょうか、検査が終わりました。

つるつると管の先が、食道、そして鼻を抜けていく感じがして終了です。

スポンサーリンク

鼻からの胃カメラを終えて

初めてだったので、どのくらい時間かかるのかが不明なのが不安でした。

いつまで苦しみが続くのだろうと。検査の中盤なのか、終了間際なのかがよく分かりませんでした。

が、意外とすぐに終わりますね。

もちろん、何か胃に問題がありそうな場合は、もっと時間がかかったのかもしれません。

私の場合は幸い、胃のポリープは複数ありましたが、このポリープ自体は問題なしということが分かりました。

関連記事:

胃のポリープで経過観察のバリウム判定!原因はストレスや不摂生な生活?

問題はなかったので、そんなに時間はかかりませんでした。

口からの胃カメラは苦しいとよく聞きます。一方で、鼻の方も、私の知人から

「めちゃくちゃ痛かった」

という話も聞いていたので、ものすごく恐れていました。

でも結果、私の場合は鼻からの胃カメラは、インフルエンザの検査や虫歯の治療に比べると50%以下のレベルの苦しみや痛みでした。

人によって痛み具合、苦しみ具合は違うと聞きますので、あくまで私のケースです。

メルマガ登録

--------------------

「デキル人になりたい」

そう思いながら何年も経っているなら、

そろそろ無料体験をしてみてもいい時期かもしれません↓




------------
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする