Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/emb/embox2.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

【やらなきゃ損】ふるさと納税で米を買ったら1年分の米代がほぼ賄えることが分かった件

ふるさと納税。

テレビCMでもやっているので、聞いたことはある方は多いと思います。

私も5、6年前から、周りの人から

「ふるさと納税、絶対やった方がいいよ。得だよ」

とは聞いたことはありました。

でも、確定申告やら、お金の返還の手続きなど、非常にめんどくさいのかな~?

と思い込んで、

「ふーん。機会があったら考えてみよう」

くらいにしか聞いていませんでした。

で、あるとき、

楽天市場のふるさと納税のサイトを覗いてみました。

すると、

「ふるさと納税って、絶対やった方が得やん」

ということにようやく気がつきました。

2020年の今年から、ふるさと納税で商品を買っています。

スポンサーリンク

ふるさと納税を簡単に言うと2000円の自己負担だけで一定の上限額まで商品がもらえる仕組み

ふるさと納税の仕組みを簡単にいうと以下の通りです。

自己負担は2000円のみ。

自分の年収によるので、自己負担2000円で商品が購入できる上限は決まっています。

それも、楽天ふるさと納税のサイトの中でシミュレーションはできます。

例えば、自分が年間8万円程度が2000円の自己負担だけで商品と交換できる上限とします。

すると、8万円ー2000円=78000円

分は、次の年の確定申告で戻ってくる計算です。

そのうえ、ふるさと納税で購入した8万円分の商品は、まるまる頂けるということ。

つまり、自己負担2万円で、その分の商品をもらえちゃうということです。

で、私が面倒だと思っていた確定申告。

会社員の方で、確定申告が面倒な方は、ワンストップ特例という制度があって簡単に確定申告ができる仕組みもあります。会社員の方で、ふるさと納税以外に確定申告する項目がない方は、確定申告も簡単。

ふるさと納税でだいたい1年分の米が買えてしまうことが分かった

で、私が選んだのはお米です。

私の場合、福岡のこちらの米を買いました↓

レビューの評判も良かったので最初買ってみました。

で、実際に買って食べてみて、すごく美味しかった。

そのため、こちらの米はリピート購入しています。

10 kg 11000円で買えます。

2020年の3月頃に買った時は1万円だったのですが、5月に買ったときは1000円値上がりしていました。

私が調べたところ、ふるさと納税で売りに出されている米の相場が、2020年の5月現在、数ヶ月前よりも少し上がっているよううに感じています。

スポンサーリンク

もしふるさと納税で2000円分の負担で8万円まで商品交換できる場合、1年間で10Kgの米を8回程度購入できます。

一か月半で約10 kg を消費する家庭の場合、約8回分10kgの米が買えます。

1.5カ月×8回=12カ月。

つまり、1年分のお米が、ふるさと納税でまかなうことができちゃうんです。

これ、大きいですよね。

まとめ

5年前から聞いていたふるさと納税。そのメリットにようやく気がつきました。

私が買ったこちらの米。超オススメです。おいしい。今度、3回目のリピートです。

メルマガ登録

「本を読まないと」

と思ってはいるけど、

「いつまで経っても読む習慣が身につかない」

と焦る時、オーディオブックという手段があります。

耳から本を読むので、ハードルが低いです。

しかも今なら、無料でオーディオブックを手に入れるチャンスです。

 

--------------------
韓国コスメ好きな女性とお話をしていると、みんな口々に言うのが、


「給料が安くて、大変なんです~」

買いたいモノを我慢したり、1円でも安くコスメを買う努力をしていることを知りました。

一方、毎月のスマホ代はというと


「毎月、1万円は超えますよ~。もう大変~」

って。

1円でも韓国コスメを安く買うために、チェックしておくのがよいサイトについて、

※韓国コスメを少しでもお買い得に探すなら絶対に外せないのがこちら↓
韓国コスメを日本の通販で手軽に買うなら○○○○がオススメな理由とは

また、高い韓国コスメを安く買う店舗を探す方法について、動画で解説しました↓

------------
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする