「 本 」一覧

木村盛世さん評判の本「新型コロナ本当のところどれだけ問題なのか」を読んで無責任さに腹が立ってきた

木村盛世さん評判の本「新型コロナ本当のところどれだけ問題なのか」を読んで無責任さに腹が立ってきた

2021年2月に出版された木村盛世さんが書いた本 「COVID-19 新型コロナ、本当のところどれだけ問題なのか」 この本を読んだら、無性に腹が立ってきました。 何に腹が立ってきたかって? 新型コロナウイルスに伴う医療崩壊、医療機関の患者受入れの逼迫の状況って、 実は、厚生労働省と日本医師会の怠慢のせいだって指摘されていた点です。

SNS(ツイッター)でニュースの情報を横流ししても意味ないこと(無価値)であることを確認できた本

SNS(ツイッター)でニュースの情報を横流ししても意味ないこと(無価値)であることを確認できた本

Twitter や Facebook などの SNS で、 報道されているニュースの情報をただ単に横流しして騒ぐ。 そんなことやって意味あるのかな? 価値があるのかな? って思っていました。 やっぱりそれって、ただ横流ししてるだけで、 意味のない行為だということが確認できる本でした

不安が頭から離れずプレッシャーを取り除く方法は?とにかく忙しくすること

不安が頭から離れずプレッシャーを取り除く方法は?とにかく忙しくすること

なんとなく会社に行くのが不安な気持ちになる。 特に月曜日の朝。もやもやしたプレッシャーでなんとなく会社に行きたくない。 会社、上司から期待されている仕事のパフォーマンスをちゃんと出せるかどうかが 不安で不安で憂鬱になる。 そういう気持ちになるときって、周期的にあるんですよね。 解決方法が書いてある本です。

2021年以降の日本や世界はどう動いていくかが書かれた本・金を右から左に動かすよりエッセンシャルワーカーに日が当たる時代へ

2021年以降の日本や世界はどう動いていくかが書かれた本・金を右から左に動かすよりエッセンシャルワーカーに日が当たる時代へ

ウクライナ兼モルドバ大使、防衛大学校の教授などの経歴のある馬渕睦夫さんの書籍を2冊読みました。 2020年以降、コロナウイルスが広まった時代を境に、世界そして日本がどう変わっていくのか? についての展望が書かれた書籍でした。