ぐんまこどもの国の駐車場混雑具合は?休日(土日)・GWは何時頃に満車になる?

休日(土曜・日曜・祝日)や連休は、ぐんまこどもの国の駐車場が満車になる。

駐車場待ちで渋滞という情報がパラパラと個人ブログに書かれていました。

また、ぐんまこどもの国のホームページにも混雑予測のカレンダーがあって、土日、特にゴールデンウィークには非常に混むと言ったマークになっていました。

では、過去の情報はどうだったのか?

ネット上の個人ブログの実体験の多くは、

「すごく混んでました」

「私が行った時には、ギリギリ駐車場に止められました」

と言った情報が大半でした。

何月何日何曜日の何時頃行った時に、駐車場の混雑具合はどうだったのか?

という一番肝心な情報がほぼ書いてありません。

今回、一つのサンプル情報にしかなりませんが、私たち家族が

2019年4月20日土曜日(天気は、晴れて暖かく、行楽日和))に、ぐんまこどもの国に行った時の駐車場の混雑状況をお伝えします。

スポンサーリンク

ぐんまこどもの国の駐車場の混雑具合:2019年4月20日土曜日、朝10:00の状況

ネットで事前にネットで調べた情報によると、

  • 約500台~600台程度の車が止められる駐車場がある
  • 休日は、昼の12時には満車になる
  • 駐車場が空くまで道路で待たないといけない

という情報まではつかんでいました。

なので、なるべく早く、ぐんまこどもの国に到着するように自宅を出発しました。

2019年4月20日土曜日、朝10時にぐんまこどもの国の駐車場に到着しました。

この時の状況を言うと、

朝10時は全然余裕。

一番公園の入園門に近い「第1駐車場」でも、まだ半分くらいしか車が埋まっていませんでした。

一番便利な第一駐車場に止めることができました。

楽勝でした。

一方、その日の帰りの状況はどうかというと、

夕方4時に公園の駐車場を出ました。

その時、一番奥の方の駐車場(臨時駐車場というのか、第三駐車場というのか?)も車が埋まっていました。

ということは、駐車場のピークと言われている正午前後には、確かに駐車場がいっぱいになったと思われる軌跡が見られました。多分、満車になったのだろうと。

夕方4時の時には、既に帰宅されている家族も多いためか、第1駐車場、第2駐車場もパラパラと空きがある状態でした。多分、地元(太田市)すぐ近くにお住まいの方でしょか、4時頃から来園する家族もいました。混雑を避けるために時間をずらしているのでしょう。

ゴールデンウイークから、水遊び場がオープンするので、朝10:00でも混雑するかも

私が行った4月20日土曜日は、春の絶好の行楽シーズンでしたが、朝の10時には全然余裕で車が停められました。

ただ注意点があります。

私はわざとゴールデンウィークを外して、ゴールデンウィーク前の4月20日土曜日に行きました。

なぜなら、2019年4月27日土曜日から、噴水の水遊びができる場所がオープンする予定だったからです。「水遊び」ができるとなると、それ目的の小さな子連れの家族が多く来園することが予想されます。また、ゴールデンウィーク中は、通常の土日よりも人が多いことが簡単に想像できます。

ゴールデンウィークは、私が経験したような朝10時で駐車場は余裕でガラガラ空きという状況ではないかもしれません。油断は禁物ですね。

ぐんまこどもの国の混雑予測カレンダーを見ると、ゴールデンウイークは、真っ赤っか(激コミマーク)になっています。もし、避けられるなら普通の土日に行くのが本当は良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

確かに、ぐんまこどもの国が大人気の理由が分かります。

無料なのに施設がめちゃめちゃ充実しているんですもん。

私が千葉に住んでいた時は、高い入場料払って同等の施設で遊ぶ必要がありました。例えば、こんなところ↓

アンデルセン公園の混雑予想カレンダーと土日や平日の状況は?体験談と感想も

ありのみコースの割引券はコンビニで売ってる?料金や混雑状況と感想も

アスレチック、ロング滑り台、児童館などで、小学校2年生と幼稚園年中のうちの子供は6時間遊びました。

たった300円(大人200円、子供100円)払うだけで、珍しいボブスレーの体験も出来るし。

そりゃ、駐車場が混雑するのは当たり前ですね。

駐車場にすっと入園するためには、朝10時前には訪問するのが私は安全と思います。

スポンサーリンク

@コスメの2部門で第1位を獲得「大人気クレンジングバーム」が、今なら初回半額で入手できます↓
DUO(デュオ) ザ クレンジングバーム ホワイト

※韓国コスメを少しでもお買い得に探すなら絶対に外せないのがこちら↓
韓国コスメを日本の通販で手軽に買うなら○○○○がオススメな理由とは

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする