群馬の森の駐車場の混雑具合は?休日(土日)GWの無料で停める場所は?

子供たちが自然の中で思いっきり遊べる群馬の森。

森というだけあって、交通便利な駅から近くというわけではなく、車がないと行くのが不便な場所にあります。

さて、群馬の森は、イベント時やゴールデンウィークなどの混雑時に車を停める場所はあるのでしょうか?

駐車場の混雑具合について、私が過去に5回くらい行った経験をお話しします。

2019年4月29日、おそらく一年で一番最も群馬の森が混雑すると思われる日の一つ、「森とオーケストラ」のイベントが行われる日にも行ってきた観察結果です。

スポンサーリンク

群馬の森の通常の休日(土曜日・日曜日・祝日・GW)の駐車場の空き具合

これまで私が観察した中では、通常の土曜日、日曜日場合、特に大きなイベントがない場合は、何時であっても群馬の森の専用駐車場は空きがあると思います。

駐車場料金は無料です。

群馬の森の専用駐車場は、

  • 群馬の森の正面入り口にある第1駐車場
  • 反対側の北入口から入る第2駐車場、第3駐車場、ちょっと遠いけれども第4駐車場

というのがあります。

私が知っている限りでは、一番混雑する正面入り口の第1駐車場であっても、通常の休日であれば車を停めるスペースはあります。

混雑していても、車の入れ替わりが多少あるので何台かは常に空きがある印象です。

ちなみに、群馬の森のブログを見ると、

第2駐車場と第3駐車場に停めることをお勧めしています。

それらの駐車場に停めるメリットもあげています。

  • ペットに優しい場所
  • 修景池が近い
  • 木陰が多い
  • 夏は涼しくて過ごしやすい
  • 秋の紅葉もすぐ楽しめる
  • 冬場の風が遮られる
  • 子供の遊び場も意外と近い

といった具合です。

で、第1駐車場より空いているのでオススメと言っております。

正面側の第1駐車場が仮に混んでいたとしても、公園の外側に回って、第2駐車場、第3駐車場であれば少なくとも十分に停められるでしょう。

ちなみに、駐車場無料っていいですね。私が以前住んでいた首都圏の公園は駐車場代500円~1000円が当たりまえでしたから。

関連記事:【千葉県松戸】21世紀の森と広場の駐車場の情報

1年で一番混雑するイベント「森とオーケストラ」の時の駐車場混雑状況は?

一方、一年で最も混むと思われる「森とオーケストラ」というイベント。

私たち家族は2019年4月29日に行ってきました。

ニュースでは、毎年1万人を集客するイベントとも言われています。

さて、その時の駐車場混雑状況はどうだったのでしょうか。

私たち家族は、車が混雑するのが分かっていたので、臨時バス(無料シャトルバス)で高崎駅東口から行きました。(臨時バスは、行きも帰りも、座席に座れました。バスの座席80%くらいが埋まっているくらい)

朝10時過ぎに群馬の森に到着しました。

その頃には、第1駐車場は完全に満車。群馬の森の専用駐車場は、既に空きがない状態。

一方、おそらく臨時駐車場と思われる、

群馬の森の正面入り口から道路を挟んだスペース(おそらく臨時駐車場)には、まだまだ50%くらいの駐車スペースに空きがあるようでした。

一大イベントの時は、通常の群馬の森の駐車場は、朝早く行かないとすぐに満車になってしまうことがわかりました。

ただし、ちょっと遠くに停めるのが嫌でなければ、それほど駐車場に心配はいらないでしょう。

というのも、

「森とオーケストラ」イベントの場合、2019年開催時は、太陽誘電八幡原工場の駐車場も臨時駐車場になり、そこから無料シャトルバスで群馬の森とピストン移動してくれるからです。(これまでは、高崎市総合卸売市場が臨時駐車場だった)

スポンサーリンク

まとめ

群馬の森は、休日・ゴールデンウイークなどの行楽シーズンであっても、通常は無料の専用駐車場が満車で入れないということは、私の経験からはないと考えます。

大きなイベント時にも、臨時駐車場を配備する配慮をされますので、それほど心配することはないと思いました。

P.S

ちなみに、群馬の森に限らず、どこか観光地へ行った時、駐車場がなくて困った時の駐車方法で非常に便利なサービスがあります。

あきっぱ(アキッパ)というサービスです↓

消費者のことを考えた安全・格安・便利な駐車場サービスとして人気が高まっているサービスなので紹介だけしておきます。

akippa(あきっぱ)の何がよいかというと、

  • 駐車場の予約が出来る
  • 事前の先払いができるので安心
  • 最大料金の利用規約なども確認した上で申し込みができる
  • 格安で駐車できることもある

旅行先など、いざというときに駐車場を見つけるのに便利です。今すぐ利用する予定がなくても、とりあえず登録だけしておくのもアリです。

日本中どこに行っても使える便利なサービスですので。