韓国の高速バスは安全か危険か?事故現場を毎回見かける地方都市旅行の体験談

私達家族は毎年2回~3回ほど、韓国人の妻の実家へ帰省しています。

妻の実家はソウルではなく、ちょうど韓国の真ん中あたり。ビビンバで有名な全州(チョンジュ)という都市の近くです。

チョンジュにに行くには、仁川空港や金浦空港から高速バスを使って約3時間半ほど乗らないといけません。

そんな高速バスを乗る体験を毎年して、もうかれこれ8年くらいでしょうか。少なくとも、合計で20回以上は高速バスでの往復をしています。

さて、その体験から

「韓国の高速バスって安全なの?イメージ通り、やっぱり日本より危険なの?」

について、私の感想をお話します。

スポンサーリンク

はい、イメージ通り!韓国の高速バスは日本より危なっかしい

私の答えは、

「日本の高速バスよりも、韓国の高速バスの方が怖い。事故に遭いそうな気がする」

です。

実際に、韓国の道路で見かける事故の数が多い気がします。

どのくらい事故が多いかというと、、

私は韓国に行くと、約一週間は韓国に滞在します。その1週間、必ずと言っていいほど1回以上は交通事故を見かけます。

そして、そのうちの1/3くらいは高速道路での事故です。

日本で1週間生活してるうちに、交通事故を1回見かけるでしょうか?

私は少なくてもみないですね。

体感的な話ですが、やはり韓国での交通事故は多い気がしています。

なぜ韓国では交通事故が多いのか?

では、なぜ交通事故が多いのか。

私が思うにそれは、

  • スピードの出し過
  • 車間距離が異様に近すぎ

なのが理由だと思っています。

ここの記事は、高速バスでの話なので、高速道路のケースで話します。

高速バスは何km/ 時出しているでしょうか。メータを見ていないのでわかりませんが、おそらく、120 km~130kmは平気で出して走っていると思います。

日本では、公共の乗り物は無茶しませんよね。一応、定められた法定速度程度で走るのが一般的だと思います。

でも韓国のバスは、運転手によってはむちゃくちゃ飛ばします。

車間距離も狭いから、ブレーキも、急ブレーキが掛かることがたまにあります。

高速バスと乗用車の煽り合いに遭遇

以前、私が乗った高速バスで、乗用車と喧嘩をするシーンに遭いました。

どうやら、高速バス側が、乗用車を1回追い越して割り込んだことに、乗用車側の運転手が怒ったようなのです。そして、乗用車がもう一度高速バスの前に出て、急ブレーキを掛けて高速バスを威嚇しはじめたのです。合計5回ほど。

そのたびに私が乗っている高速バスは急ブレーキ。

ほんとに事故りそうで、あれは怖かったですよ。周りの乗客も悲鳴を上げていましたし。

何をやってるんだか。

アホかと。

一般道路で100kmの速度も当たりまえ

一般道路も同じく身の危険を感じることが多いです。日本と比べて。

日本だと法定速度60キロ程度の道路と思われるところで、韓国の車は90km~100km/時の速度は平気で出します。

なんでそんなに急ぐのかわかんないんですが、とにかく韓国の車の運転は荒いです。

だから、やっぱり、事故現場によく遭遇します。

スポンサーリンク

じゃあ、どうすればいいの?

韓国で車の事故に巻き込まれたくないならどうすればよいか。

それは、出来るんだったら、バスではなく鉄道を使うこと。遠方に行く電車ならKTX(韓国版の新幹線)が早くて便利。

でも、韓国は鉄道よりバスの路線が充実しています。

どうしても高速バスでしかアクセスできないところに行かれるのであれば、自分が座る座席の位置で対策をしましょう。

韓国の高速バスは、基本的に指定席制です。

もし、窓口で座席が選べる状態なのであれば、真ん中当たりの席を選ぶのが良いでしょう。出来るなら、バスの一番前や一番後ろの席は避けたいです。

そして、シートベルトは必ず着用してください。

運転手さんも、

「シートベルト ヘジュセヨ~(シートベルトしてください)」

って言いにきます。

とにかく、韓国は日本より車の事故は多いので、ご注意ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする