会社をいつでも辞められるよう退職届・辞表を書いて気が楽になるのか試してみた結果

退職願1

会社を辞めたい。

もう行きたくない。

特に月曜の朝は最悪な気分。

憂鬱過ぎるこんな気分が60歳くらいまで、何十年も続くなんて、もう絶望。

そんな時、精神科医、樺沢紫苑(かばさわしおん)さんの本を読んで、なんとか心を落ち着かせてきました。

憂鬱な気分のときに特に効果のある本はこちらです。ストレスフリー超大全です。

で、「会社を辞めたい!」気持ちのとき、どうすればいいのか?

スポンサーリンク

退職願を書いて通勤カバンに入れておく

樺沢先生がおすすめする方法の1つとして、

会社の通勤カバンの中に、辞表・退職届をしのばせておく。

辞表をかばんに入れておき、

「何かあったら、いつでもすぐに退職届を出してやる!」

という心づもりでいる。

実際に辞表を出すつもりは0%でもいいから、かばんに退職願を書いた封筒を入れておくだけで、精神的に安定するということです。

実際に私も実践しています。

会社に行くカバンの中に、退職願を書いた封筒を常に入れて持ち歩いています。

これです。

めっちゃきたない字。会社辞める気はないけど、とりあえず適当に書いたもの。

退職願2

で、こんな適当に書いた退職願をかばんに入れておいて、会社に行きたくない病はおさまったのか?

答えは、いいえ。会社に行きたくない気持ちは変わりません。

スポンサーリンク

書くことで気持ちが落ち着いたのは確か

でも、「何かあったら、いつでも会社辞めてやる!」

という偽の意思であっても、紙に書いて用意したことで、

開き直りの気持ちは確かに生まれました。

そんなに嫌なら、今の会社を辞めて違う仕事をすればいいやん。

という心の余裕がちょっぴり生まれた気がします。

なので、ウソでもいいから、退職願を書いてみる。

っていうのも心の安定につながります。

P.S

樺沢先生は常にこんなことを言っておられます。

「紙に書くこと。アウトプットすることで精神が安定する」

どんな風にストレス発散するかの具体的な方法がつまっている

ストレスフリー超大全は、心を病んだ人の必読書です。

移住して田舎で結婚

--------------------
【田舎に住む男性と住みたい女性限定】
 
「都会は疲れた」

「地方で結婚」

 
そんな方へ、無料登録はこちら↓


------------
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする