【高崎オーパ】子供の遊び場(あそびパーク)の感想と体験談!営業時間や料金と休日の混雑状況も

高崎オーパの子供の遊び場:アスレチック

群馬県高崎駅の近くで幼児を遊ばせたい場合の一つの選択肢。

それが2017年10月にオープンした高崎オーパ(OPA)内にある子供用の遊び場。ナムコが経営する「あそびパーク」です。先日、私の子供達(6歳と3歳)も「あそびパーク」で遊ばせました。

  • 体験した感想
  • 休日の混雑状況
  • 営業時間や料金

についてお話します。

私たちが行ったのは、2018年2月17日土曜日。この日の午後2時頃に入りました。

【関連記事】

高崎駅ハラダのラスクの営業時間や評判は?店員の対応が神過ぎる

【高崎駅】環七ラーメンを食べた感想!営業時間やクーポン割引情報と深夜の混雑状況も

スポンサーリンク

高崎オーパ「あそびパーク」 の営業時間や料金は?

営業時間は、10:00~20:00 (最終受付19:30)。場所は、高崎オーパ6Fに行けばすぐに分かります。

まずは、気になる料金体系

こども (6ヶ月~12歳)

  •  最初の30分は630円 。以降の10分ごと、150円
  • 平日1日フリー 1,500円

おとな (20歳以上)

  • 最初の30分で630円。 延長料金なし。
  • 平日1日フリー 630円

うちの子供の場合、こういう遊び場に入ると夢中になり過ぎて、1時間や2時間では出てくることができません。長時間戦になることは最初から分かっていたので、フリーパスにしました。

冒頭でちょっと言いましたが、私たちが行ったのは土曜日です。でも、公式HPの記述とは違って、休日でもフリーパスが購入出来ました。ラッキーです。

2017年2月17日の話です。またいつ料金体系が変わるかは不明です。

フリーパスの料金は、平日と同じく子供1500円、大人は630円でした。

大人1人、子供2人を入れて、合計で3630円で閉店まで遊べることになりました。高崎オーパ店の場合、営業時間は朝の10時から夜の8時までです。こんな長時間を1500円で遊べるのはお得です。特に、雨が降った日、外に出られない日にはもってこいの遊び場です。

休日に高崎オーパ内の子供向け施設「あそびパーク」に行った感想と体験談

結論から言うと、うちの6歳と3歳の子供にとって、ものすごく楽しめる場所で大満足でした。

どんな設備施設があったかと言うと、例えば、

室内のアスレチック:

高崎オーパの子供の遊び場:アスレチック2

電車や車のおもちゃ:

高崎オーパの子供の遊び場:電車と車のおもちゃ

バッテリーで動く車:

高崎オーパの子供の遊び場:バッテリーカー

ふわふわの山:

高崎オーパの子供の遊び場:ふわふわ山

そして写真には入れませんでしたが、他には

  • 粘土遊び
  • 紙飛行機を壁の画面に映し出された風船やキャラクタなどに当てるゲーム
  • 一定時間毎に行われる宝探しゲーム(見つけた人には飴が配られます)

こんな感じで、遊び道具いっぱいです。

休日の混雑具合はどうだった?

ここ、高崎のあそびパークの何がいいかと言うと、、上記写真を見て気が付きました?

休日の午後、一番子供が遊びに来るだろう時間帯でも、激混みではなかったんです。

混み過ぎて、ある遊具やおもちゃを他の子と取り合いになったり、空くのを待つなんてことはありませんでした。子供が、好きな時に、好きな遊具を自由に独り占めできました。

バッテリーカーについても同じです。バッテリーカーは3台ありますが、常時、並んで待つ子がいる状況ではありませんでした。

群馬高崎にずっとお住まいの方にとっては、

「混まないのは当たり前」

とお感じかもしれません。でも、つい先日まで、千葉県に住んでいたわたしたち家族にとっては、ここ高崎の屋内遊び場の混み具合は、天国に感じました。

例えば、私の場合、千葉県松戸の伊勢丹(2018年3月閉店)にあったボーネルンドという遊び場によく子供を連れて行ってました。休日なんて、めちゃめちゃ混んでましたよ。

おもちゃや遊具が同時に2~3人が使っていたり、おもちゃが空くのを待つのは当たり前。

首都圏では人口が多いからか、休日の屋内遊び場施設にフリーパスなんてありません。完全時間制です。なので、1時間半、2時間、3時間と遊んだら、3000円台では収まりません。

「地方都市、群馬って最高!」

と思った瞬間の1つです。

子供はのびのびと遊べるし、お金の心配なく長時間遊べるし。

プロブロガーのイケダハヤトさんが、

「地方都市の方が絶対に子育て環境がよい」

と、こちらの本で言っていた意味が1つ分かった気がしました↓

いや~、地方都市っていいわ~。

その他の施設

ちなみに、この遊び場内には自動販売機があります。飲食可能なスペース、テーブルが置いてあります。そこで自由におやつを食べたり、飲み物を飲んだりすることができます。

お母さん達同士が集まって、ぺちゃくちゃおしゃべりをして、子供を遊ばせるという家族が多かった印象です。

スポンサーリンク

まとめ

結局、私の子供達は、昼の2時から夕方6時まで遊びました。4時間。

あと、敢えて一番混んでいたといえば、夕方4時頃でした。と言っても、首都圏の施設に比べたらガラガラです。

非常に子供達は大満足。

「また今度も連れていってね」と機嫌よく遊びを終えることができました。

高崎オーパの室内遊び場「あそびパーク」最高です。どうか、長い期間営業してくださることを願っています。

「高崎駅すぐ近くで、どこで子供を遊ばせようか」と考えていらっしゃる方がいましたら、高崎オーパ6Fのナムコ「あそぴパーク」がオススメです!

P.S

「田舎・地方都市の生活はもう嫌!東京に行きたい!」と思っている方は、行動に移す前にこちらの本を一度読まれることをオススメします↓

私も、首都圏と地方都市の両方の生活を味わってみて、この本で著者が言っていることが身に染みてわかりました。。。

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

高崎駅ハラダのラスクの営業時間や評判は?店員の対応が神過ぎる

【高崎駅】環七ラーメンを食べた感想!営業時間やクーポン割引情報と深夜の混雑状況も

地方都市で車なしの生活は可能?レンタカーやカーシェアで購入しない選択はどうか?

スポンサーリンク

【人気の韓国ドラマを合法的にネットで無料視聴する方法はこちら】↓
韓国ドラマ大好き.com

【カラコンをお得に手に入れたい方だけのお話】↓
カラコンリサーチ.com

スポンサーリンク








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする