高山村宿泊コテージのバーベキューで自分で用意が必要なものと備え付けてある(現地で手に入る)ものは何?

2021年の夏休み。

8月初旬に群馬県吾妻郡高山村の宿泊コテージで一泊してきました。

宿泊コテージの玄関。

高山村宿泊コテージでバーベキュー1

初めての経験。

さて、高山村宿泊コテージでバーベキューをするにあたり、

  • 自分で用意が必要な道具は何か?
  • 宿泊コテージにあらかじめ備え付けてあるものは何か?

私達家族が行って、この目で見て確認し、経験してきた内容をここに記録しておきます。

宿泊コテージ入り口:のどかな田園風景

高山村宿泊コテージでバーベキュー2

高山村宿泊コテージのホームページにも備え付けのものについて書いてありますが、

微妙に細かいところまでは書いてなく、気になる方もいると思います。

スポンサーリンク

高山村宿泊コテージのバーベキューで用意が必要なものは?

宿泊コテージは合計8棟。

それぞれの棟には距離があるので、隣の宿泊コテージの人が全く気にならないです。完全プライベート空間でバーベキューを楽しむことができました。

高山村宿泊コテージでバーベキュー3

一番気になるのが、バーベキューをする際、どこまで自分で用意する必要があるのか?

だと思います。

高山村宿泊コテージでバーベキュー4

高山村宿泊コテージのホームページには、

「バーベキューの機材はご自身でご用意下さい」

と言った感じのことが書いてあります。

では、どこまで自分で用意が必要か?

かまどまで自分で用意する必要があるの?

答えは、

宿泊コテージにあらかじめ備え付けてあるものは、U字型のかまどです。

高山村宿泊コテージでバーベキュー5

また、かまど上に、炭を置くためスペースがレンガで作ってあります。

「バーベキュー機材を揃える」

と言うと、かまどの部分や炭を置くスペースも自分で用意しなければいけないのか?

と不安になると思います。

でも、それは必要ありませんでした。(コンロは持参の必要なし)

自分で用意するのは、最低限でよければ

  • 木炭
  • 肉を焼く網
  • できれば、木炭を挟んだり動かす「火ばさみ」
  • 自分たちが食べる食材

以上でオッケーです。

高山村宿泊コテージでバーベキュー6

ちなみに、私達家族がいた時、かまどの上に網が既に置かれていました。

ただしこれは、前の宿泊客が残していったものかもしれないです。

あるいは、コテージの管理室に保管してある古い網かもしれません。これを使っていいのかは分かりません(管理室にも、網が10枚以上ランダムに置かれていました)

とにかく、網は自分で持っていた方が確実です。

ちなみにですが、私のようなバーベキュー初心者は、高い機材を買う必要ありません。

網、火ばさみは、100均セリアで購入できます。あとから気が付きましたが、セリアの網より、ダイソーの網の方が大きくて使いやすいと思います。

木炭は100均セリアでは見つけられなかったので、ホームセンター(セキチュー)で買いました。3 kg で300円台です。

あとからダイソーでも木炭をみかけましたが、500gで100円でした。なので、家族4人分の木炭が3kg必要としたら、

500g木炭を6個買う必要があるので、600円必要です。木炭はホームセンターの方が安上がりでした。

宿泊コテージ内に敷地にある観光案内看板:

高山村宿泊コテージでバーベキュー7

高山村宿泊コテージに備え付けてあるものは?

高山村宿泊コテージでバーベキュー8

あと宿泊コテージの管理室の前には自動販売機があります。

喉乾いた時、宿泊コテージから歩いてすぐのところで、水やジュースを買うことはできます。

(1/4くらいのドリンクは、売り切れ表示でしたが・・・)

ただし、自販機がないよりはマシでしょう。

宿泊コテージ内には、お皿やコップをはじめ、食事に必要な食器は一通り揃っています。

高山村宿泊コテージでバーベキュー9

まな板もあるし、電子レンジ、冷蔵庫、炊飯器もあります。

なので、調理器具を持って行かなくても全然食事の準備はできます。

高山村宿泊コテージでバーベキュー10

フライパンもあります。バーベキューの火おこしに失敗して、火を起こすことができなかった場合でも、最悪、フライパンで調理することができます。

高山村宿泊コテージでバーベキュー11

あとあったらいいなってものはレジャーシートです。

写真の通り、バーベキューをする場所の横に椅子やテーブルが置いてあります。

外におきっぱなしのものなので、直接人が座るのにはちょっと抵抗があるかもしれません。雨が降ったあとは、ナメクジもいました。

なので、外に備え付けてある椅子やテーブルの上に、レジャーシート敷いて、

その上に座ったり、食材を並べたりするとよいと思います。

バーベキューで使い終わった炭を捨てる場所はあります。炭を捨てる専用の缶がおいてあります。

高山村宿泊コテージでバーベキュー12

あと、新品のゴミ袋が宿泊コテージに中においてあります。

高山村宿泊コテージでバーベキュー13

燃えるゴミと燃えないゴミ、それぞれ分別するように袋が2枚ありました。

チェックアウトする前に、管理室のゴミ捨て場に捨てられます。だから、ゴミを自分で持ち帰る必要がありません。

宿泊コテージの受付でもらえる案内の紙です↓

高山村宿泊コテージの案内図1

高山村宿泊コテージの案内図1

宿泊コテージの玄関には、懐中電灯、殺虫剤、スリッパが用意されています。

高山村宿泊コテージでバーベキュー14

コテージのすぐ近くには、ふれあいプラザで温泉。上に見える建物が温泉施設。宿泊コテージ利用者は、宿泊日とその翌日に両方無料で入れます。

高山村宿泊コテージでバーベキュー15

温泉に入って、眠くなったら宿泊コテージの2階で布団を敷いてゴロゴロ。

高山村宿泊コテージでバーベキュー16

スポンサーリンク

まとめ

高山村宿泊コテージのバーベキュー器材は、宿泊客の方で用意が必要です。

が、炭を入れるU 字型のかまどは置いてあります。

なので最低限、木炭と網さえ用意すれば、バーベキュー機材の準備は事足ります。

高山村宿泊コテージは、部屋の中や周辺環境含めて、しっかり手入れがされていてとてもきれいです。

これで1泊18000円なら、満足。

高山村宿泊コテージレシート

リピートしたいなって思う施設でした。

P.S

高山村宿泊コテージの代金18,000円が、旅館に泊まるより安いとは言っても、非日常生活の支出でこの金額は安くはありません。週末や連休に、家族で楽しむためにも、ちょっとお金を稼ぎたいと思ったときの選択肢がこちらです↓

コロナ禍の仕事探しで主婦や学生向けは?子育て家事や勉強の隙間時間に小遣い稼ぎなら

【この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます】

移住して田舎で結婚

--------------------
【田舎に住む男性と住みたい女性限定】
 
「都会は疲れた」

「地方で結婚」

 
そんな方へ、無料登録はこちら↓


------------
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする