副業ブログで成果が出始めるまでに何年継続すればいい?短期間で成果が出ないのは当たり前と教えてくれる本

副業・兼業でブログを始めた。1ヶ月、2ヶ月、もしくは3ヶ月ぐらいでお金を稼げる、つまり成果が出始めると思っていた。

魅力的な誘い文句を聞いてブログを始めたが、全く成果が出ない。

そんな方へ、この本を読んでみることをお勧めします↓

「ホームページの値段が130万円と言われたんですがこれって相場でしょうか」

竹内謙礼さんの書籍。

ブログ、アフィリエイトで稼ぐことが書かれた内容の本ではありません。

ちょっとジャンルがずれていますが、

ブログでお金を稼ごうとしている方にとって非常に参考になる本です。

スポンサーリンク

5年や10年、淡々と地味な作業を続けられるか?

この本の内容は、本業、つまり個人事業でオンラインで商売しようとしている方が一番参考になる書籍です。

ネットで自社製品を売ったりするために、ホームページ制作を外注して、どのくらいの開発料金がかかるか?

ホームページを開設した後、ウェブサイトの運用にどれくらいのコストがかかるのか?

と言った、ネット上で商売をするにあたり、2020年最新のリアルな現実について書かれてあります。

ネットで自社製品を売ろうとしてる個人事業主、小規模事業主の方はもちろん参考になります。

が、実はこの本、会社員で副業でブログを書いて、広告収入やアフィリエイトで稼ごうとしている方にも参考になります。

何が参考になったかと言うと、参考になった箇所の引用しますね。

166ページから168ページにかけて。

「ブログを書き続けられるかどうかが成功と失敗の境界線」

の章が非常に参考になります。

今まで色々なブログの成功事例を検証してきたが、担当者がブログに手応えを感じるのは平均して2~3年ぐらいが相場といえる。

(途中略)

ネットを知ってる人は、継続すれば必ず成功するイメージが出来ているため、5年、10年かけて地道な作業に取り組むことができる。

対して、ネットを知らない人は結果が出ないことに痺れを切らしてしまい、途中でブログを書くことを辞めてしまったり、SNS を放置してしまったりして結果が出る前に辞めてしまう。

「ホームページの値段が130万円と言われたんですがこれって相場でしょうか」166ページから168ページの一部引用

ブログ、ネットビジネスの決め手は、長期間、地道にコツコツと継続できるかが勝負ということです。

数カ月や1年ですぐにブログで成果が出ると考えること自体がおこがましい

何度も言いますが、この本は本業で自社メディアを使って商売をする人向けの本です。

そういう人が、ブログで集客をしようとした時に、少なくとも2年から3年は手応えを感じるまでにかかるとのこと。

本業であってもそうなのに、副業、ましてや片手間でビジネスをしようとしている人が、

数ヶ月、1年以内でいきなり成果を出そうと考えるのが無理な話です。

もちろん、ブログで短期間で成果を出す人もいます。

でもそれは、

睡眠時間を大幅に削って無理をしたり、

たまたま記事が大当たりして超ラッキーだった人、

一時的に成果をあげるだけの人(継続性がない)

の可能性があります。

結局、ずーっと安定して稼ぎ続けることができるのは、5年や10年スパンとかの長期間で考えることができる人ということを本書が教えてくれます。

スポンサーリンク

まとめ

副業ブログで、短期間で成果が出ないのは当たり前。

「しょうがない」と割り切って考えることが出来、気分が軽くなります。ブログで稼げなくて苦しんでいる人の薬になる本です。

P.S

ちなみに、ブログ記事を執筆する際の7つの注意点という本書のアドバイスも参考になったので箇条書きしておきます。

「ホームページの値段が130万円と言われたんですがこれって相場でしょうか」167ページの引用:

  1. 悩み事を解決する記事を書く
  2. わかりにくいことをわかりやすく書く
  3. 取材をしてから記事を書くことを心がける
  4. 検索キーワードを意識しながらかく
  5. 下書きをしてからかく
  6. イラスト・写真・動画・表などを入れる
  7. 読み直しをする

以上は、SEOで検索上位を狙っている人にとっては当たり前のことかもしれません。でも、長期間ブログをやっていると忘れがちなのでメモしておきました。

この本、ブログの収益が低くて苦しんでいる人に、ホントおすすめです↓

メルマガ登録

--------------------

「デキル人になりたい」

そう思いながら何年も経っているなら、

そろそろ無料体験をしてみてもいい時期かもしれません↓




------------
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする