「 IT・テクノロジ 」一覧

フェイスブックの出会い機能稼働日はいつ?安全性やプライバシー(個人情報)は問題ない?

フェイスブックの出会い機能稼働日はいつ?安全性やプライバシー(個人情報)は問題ない?

2018年5月5日、Facebookに出合い機能が追加されるそうです。これまでのプロフィール登録とは別に、出会い機能専用のプロフィールを作るとのことです。 デートの相手の好み、共通の友人の情報をベースに、自動的にFacebookがマッチングをしてくれるというサービス。 これまで以上に、自分が日頃出会えない人と出会えるチャンスが強化されます。 さて、 Facebookの出会い機能の(日本での)サービス開始日(稼働日)はいつでしょうか? Facebookの出会い機能によって個人情報の流出や安全性・プライバシーの保護で問題はないのか?

チケットストリートの手数料(買い手と売り手)は?安全プラスやクーポンコードの情報も

チケットストリートの手数料(買い手と売り手)は?安全プラスやクーポンコードの情報も

さて、チケットキャンプの代わりとなるチケット売買サイトの一つとして、チケットストリート(チケスト)があります 今回の記事では、チケットストリートを利用する際の情報として、 買い手側(購入者)の手数料はいくらなのか? 売り手側(出品者)の手数料はいくらなのか? 「安心プラス」と言う安全対策のサービス内容と手数料(料金) チケット購入がお得になるクーポンコードの入手方法 について調べました。

バイナリエディタのフリーソフト決定版!BZのインストール方法と使い方まとめ

バイナリエディタのフリーソフト決定版!BZのインストール方法と使い方まとめ

「バイナリファイルをエディタで開きたいけど、開けない」 先日、そんな基本的なことで悩んでいました。 今回、バイナリファイル閲覧用の他のエディタを探しました。 その結果、バイナリファイルが閲覧できるフリーのエディタは、複数ありました。 私はその中から、Binary Editor BZ(BZエディタ)をインストールして使用することにしました。 これが非常にシンプルで、使い勝手が楽でした。 そのため、今回はBZエディタのインストール方法と基本的な使い方をシェアさせていただきます。

地面師の犯行手口と見分け方は?詐欺から土地を守る対策や対処法!

地面師の犯行手口と見分け方は?詐欺から土地を守る対策や対処法!

地面師とは何なのか? ニュースで、地面師の中村美沙容疑者(67歳)が逮捕されたというニュースが流れていました。 簡単にいうと、不動産取引の詐欺でお金をだまし取ったとのことです。 でも、ニュースの文章を詳しく読んでも、土地関係の法律には素人の私には何のことやら意味がさっぱり分かりませんでした。 なので、 地面師って何なのか?  詐欺の手口は何なのか、どう対処をすればよいのか? について調べてみました。

easeusのデータ復旧ソフトの評判と感想!リカバリーや復旧は出来る?

easeusのデータ復旧ソフトの評判と感想!リカバリーや復旧は出来る?

Wannacrypt(ワナクライ)というランサムウェア(ウイルス)が日本でも騒ぎになっています。 大事なパソコンのデータを失わないために、筆者は外付けハードディスクドライブ(HDD)にデータを定期バックアップすることを提案しました。 と、そこまでは良いのですが、外付けのメモリにデータを保存したときに、また新たな不安がよぎりました。 それは、 「外部に保存したデータを間違えて削除してしまったり、何かしらのトラブルでデータが勝手に消えてしまったら、どうするの?」 そんな不安への対処方法を記載します。

Wannacryの脆弱性の修正箇所は?windows7やvistaも対策が必要?

Wannacryの脆弱性の修正箇所は?windows7やvistaも対策が必要?

ランサムウェア(Wannacry)によるウイルス被害(サイバー攻撃)が、日本でも発生しています。 では、どのwindowsのバージョン(OS)がウイルスに感染する可能性があるのでしょうか? 現時点(2017年5月17日)でどのwindowsのバージョンで感染する可能性があるのか? どのサイトを見ればWindows側の対策が出来るのか? について、必要最低限の情報だけを簡潔にまとめてみました。

ランサムウェア(wannacry)の身代金を払ったらデータは復旧するの?

ランサムウェア(wannacry)の身代金を払ったらデータは復旧するの?

日本でも2017年5月14日(日曜日)くらいから急に騒ぎ始めたランサムウェア(Wannacry:泣きたくなるの意味)。 今回話題になっているWannacryの場合、日本円で約3万円ぐらい(300ドル)の身代金が要求されているそうです。 「実際に身代金を支払ったら、暗号化されて見えなくなったデータは見ることができるの?」 過去のランサムウェア被害での事例を調べてみました。