出世競争から脱落し重要な職務につかずに楽に生きる人生もありって教えてくれた曽野綾子さんの本

曽野綾子さん

「不調な時の私の対処法 病気も人生」

必ずしも会社の出世競争で勝って、

ガンガンとのし上がっていくことを目指さない方が

意外と人生楽に生きられるかもよ

ってことを教えてくれた本です。

スポンサーリンク

出世だけが人生じゃないことを病気になってから気付くみたい

具体的には108ページ

引用させてもらいます。

病気が教えてくれること

あの人、昔はかなり勝気で感じの悪い人だったのよ。

それが、ご主人が胃潰瘍から癌になったの。

やっぱり仕事が過労だったので、それで胃を全部取って、うまい具合に全快したの。

その間に、いわゆる出世競争からは完全に脱落よね。

だけどその時、彼女人間が良くなったのよ。

どれが大切でどれが大切でないかがよくわかったんだと思うの

一皮むけたっていうか人間が柔らかくなっててね

病気になって初めてわかる。

幸い、今のところ大きな病気をしてきていない私にとって、

すっぽ抜けていた考え方でした。

必ずしも出世競争で勝つのが人生ではない。

もっと大切な事があるでしょ?

って。

よく病気になった人から同じようなことは聞きますが、

健康な状態の時には気が付かないものなんでしょう。

それからもう一つ

116ページ。

曽野さんが、帯状疱疹になった時の話が書いてあります。

少しも深刻でない病気になる効用

人間楽に、しかも誠実に生涯を生きようと思ったら、

返す返すも重要な職務につかないことだ

ここでも書いてありました。

出世だけが人生じゃないよと。

出世せずに、気楽にのんびり生きるのも、人生意外といいかも。

ってことですね。

まだまだ現役世代、30代とか40代で仕事をバリバリやってると、

狭い世界でのし上がることが最優先の考えになってしまいがち。

でも人生、必ずしもそんなにバリバリやらなくてもいいんじゃない?

ふと疲れた時に、曽野さんのここの箇所を読み直すと心の安定が保てます。

P.S

本だけではモヤモヤした悩みが取れないなら、電話占いして心の安定を図るのも1つの手段です。

登録無料で、3000円分無料で使えるのが下記の占いです↓

移住して田舎で結婚

--------------------
【田舎に住む男性と住みたい女性限定】
 
「都会は疲れた」

「地方で結婚」

 
そんな方へ、無料登録はこちら↓


------------
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする