XilinxISEはwindows10用以外の古いバージョンでもSpartan6FPGAは正常に動作する?

ザイリンクスFPGA(Spartan-6)をWindows10のPCで動かす実験をしました。

使ったFPGAボードは、Spartan6の評価ボードSP605。(「えっ、いまさらSpartan-6?」とか言わないでね)

購入したキットのCD-ROMの中に、ISE(ISE Design Suite)が入っていました。ISEのバージョンは、Windows 10用の14.7ではなく、ISEバージョン13台とかの14.7以外です。

古いバージョンのISEをWindows10PCにインストールしても正常に動作するのか、試してみた結果をメモしておきます。

結論からいうと、

「素直にWindows10PC用のISE14.7を入れておけ」

です。

※メモ:Xilinx社FPGAの関連書籍メモ(画像タップでAmazonのサイトへ)↓

スポンサーリンク

なんでわざわざ、windows10用以外の古いバージョンのISEをインストールして試したのか

ザイリンクスISEは、Windows 10用のもの(ISE14.7)が ザイリンクスのホームページに公式発表されています。

素直にそれをインストールすればよいのですが、ザイリンクスISEWindows 10用の14.7のマニュアル(PDF版)を見ると、

「CPUの空き容量が80ギガくらい必要」

とか書いてあります。

ISE14.7は、WindowsPCに対して、Linux のバーチャルボックスも含めてインストールするということで、 CPU の容量がかなり必要とか、恐ろしいことが書いてありました。

なので、まずはキットのCD-ROMに入っていた古いバージョンのISEをインストールしてみたのです。そちらは、だいたい16ギガぐらいの容量。

「古いバージョンの ISEでも、基本動作が出来ればそれでいいか」

と思って。

Windows 10 PC に 古いバージョンのISEを入れた結果は?

ISEのインストールは順調に終わりました。

インストール後、ISEのアイコンに出てくるのが、

「Win 64」と「Win 32」という二つのISE。

まず「Win 64」を起動してみました。こちらについては、ISEを起動するときに何かしらのエラーが出て、ISE自体の起動が出来ず、NG。

一方の 「Win 32」を選択すると、ISEは起動しました。そして、論理合成など、ISE内のアプリケーションの動作は順調にできました。

「なんだ、古いISEでも使えるやん」

と期待をしました。

でも、論理合成後に生成したファイルをSP605の評価ボードへ書き込む時についにエラー発生。FPGAボードとWindowsPCをUSB-UARTで接続し、書き込み動作をしようとした時にエラーが出ました。確か、

「このバージョンはサポートできません・・・」

などといったエラーでした。

ここで諦めて、結局Windows 10 PC には、ザイリンクス社が公式に発表しているバージョン14.7の ISEをインストールしました。ちゃんと動きました。

で、心配していた ISE1.47をインストール時に使用するWindows10 PCのハードディスクの容量は?

私のWindow10PCのHDD容量は残り70GByteくらいでした。

ISE14.7のマニュアルに書いてあるような、80ギガも入りません。

心配してましたが、結局、ISE14.7をデフォルト設定でインストールしたところ、

今のところ、だいたい20GByteくらいを使用しているだけです。

ISE14.7 Windows10用のインストール、基本的な初期操作方法のビデオ動画

Windows 10用の ISE 14.7のインストール方法、サンプルの論理合成の方法などは、Xilinx社のこちらのYouTube動画に掲載されています。

本当にクイックな解説ビデオですね。

スポンサーリンク

まとめ

Wndows10PCへは、素直に、ISE14.7をインストールした方がよいです。

今後は、ISEではなく、Vivadoが主流になるんでしょうか。(Spartan6では使えないけど)

FPGAに詳しい人に聞いたら、

「FPGA初心者にとっては、ISEの方がとっつきやすい」

とのこと。

Vivadoを使うときは、こちらの本を購入して勉強したいと思います↓

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

XilinxSpartan-6(ISE)FPGAでROMRAM初期値データファイルを生成(格納)する方法

スポンサーリンク

【人気の韓国ドラマを合法的にネットで無料視聴する方法はこちら】↓
韓国ドラマ大好き.com

【カラコンをお得に手に入れたい方だけのお話】↓
カラコンリサーチ.com

スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする