【コロナ】オミクロン(BA5)に感染した経験談・苦しかった症状と熱や咳は何日続いたかの記録

2022年7月中旬、オミクロン株大流行の最中、わたしたち家族もコロナに感染してしまいました。

PCR検査で陽性。

オミクロン株BA5かどうかまでは医療機関から連絡がないので不明ですが、おそらくオミクロン株BA5なのでしょう。

オミクロン株は、デルタ株とか、以前のものより重症化しにくいとは言われています。

でも、私にとっては非常に苦しいものでした。軽症とはいえ、インフルエンザに罹ったときよりもはるかに苦しいものでした。

ここでは、あくまで1事例ではありますが、どんな症状が出て、何が苦しかったのかを書いてきます。

まだ療養中ですが、症状のピークは過ぎたようで、ブログ記事を書けるまでに回復しました。

スポンサーリンク

家族全員、コロナのワクチン接種はしてきた

前置きとして、コロナワクチンは家族全員しています。

父親(私)と母親(妻)は、2022年3月に3回目の接種を実施。

小学生の子供(5年生と2年生)は、2022年の6月末に2回目の接種を実施。

子供も含めて、全員打っています。

私は、3回ともモデルナ。

妻と子供たちはファイザー。

どんな経路でコロナに感染した?

感染が発生するまでの経過を書いておきます。

2022年7月15日(金):うちの子供たち(小学校5年と2年)は、学校に登校。夕方は2人とも地元のスイミングスクールへ行った。

2022年7月16日(土):3連休の初日。家族全員なにも症状なし。

2022年7月17日(日):3連休の中日。小学校5年の子供が、朝にのどの違和感を感じ始めた。

2022年7月18日(月):3連休の最終日。小学校5年の子供が、朝にのどの違和感あり。それに加え、倦怠感を感じ始めた。その夜、体温を測ったら38度台の熱あり。

2022年7月19日(火):小学校5年の子供が継続して発熱。PCR検査を受検。父親(私)、妻、小学校2年の子供は、のどに違和感を持ち始める。

2022年7月20日(水):PCR検査の結果、小学校5年の子供は陽性で、すでに熱は平熱に戻る。一方で、父親(私)、妻、小学校2年の子供は微熱が出始める。

2022年7月21日(木):父親(私)、妻、小学校2年の子供は継続して熱。子供は39.5度。私は38.6度。妻は37度台。大人は咳がよく出るようになった。私は、この日が一番つらかった。1日中、寝ていた。起き上がれない状態また、PCR検査を受検し、私と妻は陽性。子供は陰性ですが、間違いなくコロナに掛かってはいるはず。

2022年7月22日(金):朝は、父親(私)、小学校2年の子供は継続して微熱。妻は平熱に戻った状態。いったん、家族全員、症状が落ち着いたと思ったが、私は、7/22の夜に再び発熱し、38.6度まで上がる。咳がよく出て、呼吸が苦しい。マジで下手すると呼吸困難になるんじゃないかと思うくらい。

2022年7月23日(土曜):父親(私)は平熱に戻る。身体にでる症状が変わり、のどの違和感ではなく、のどは痛くなってきた。また、咳をしたときに、色のついた痰が出るようになってきた。痰が出るようになってきたということは、症状の後期に入った証拠かな。私意外の3人も平熱で、咳が多少出るものの元気。

以上、ここまでが経過。

感染経路は、潜伏期間が2~3日だと想定すると、子供の学校かスイミングスクールのどちらかだと思います。また、7/16以降の3連休は、家族だけで過ごしたので連休中に感染したとは考えにくいです。

小学校5年の子供が先発してコロナの症状を出しました。この子から他の家族に感染したと思います。

コロナ(オミクロン株・BA5?)に感染して一番苦しかった時期や症状は?

子供は、高熱は出したもののは苦しそうにはしていませんでした。2日間くらいは倦怠感があったようで、おとなしい様子はしていたものの、子供2人とも咳はほとんど出なくて苦しそうではありませんでした。

一方、大人は苦しかったです。(年齢は40代前半です)

何が一番苦しかったかというと、咳です。姿勢をちょっと変えたり、しゃべろうとするとすぐに咳が出ます。乾いた咳。

咳のし過ぎで、気管支が苦しいのです。特に、夜寝る時に呼吸が苦しい。

これがコロナの怖さか。

と感じました。

私たちは高齢者でもないし、基礎疾患はありません。なのに、気管支をやられて呼吸が苦しくなりました。高齢者や疾患のある人が肺炎になって重症化するのも無理はないと思います。

このブログ記事を書いている7/22は、私はまだ微熱はあるものの、昨日より体が楽になりました。おそらく、ピークは過ぎたはずです。

スポンサーリンク

コロナのピークを過ごすために飲んだ薬は?

では、どうやって自宅療養で、コロナのピークを乗り切ったか?

役に立ったのは、解熱剤と咳に効く風邪薬です。

私の場合、解熱剤は市販のロキソニンを飲みました。1日2回。これは以前から自宅にストックがあったので助かりました。でも、ロキソニンは薬剤師の確認がないと市販品であってもネットで買えません。

その代わりとし、バッファリンでも役に立つでしょう。Amazonで買う場合、宅配ボックスへの配達など、置き配の配達指定ができます。配達員と接触なくネットで買えるので、コロナに感染した場合でも、周りの人に感染を拡散しな手段として比較的安全に物を入手でます。

もう1つの対策は咳です。咳が一番やっかいで苦しいです。

私たち大人は、ルルアタックを飲んでしのぎました。これも、私のうちはストックがあったので助かりました。これは、薬剤師の確認の必要なくAmazonですぐに買えます。

7/23追記:

あと、コロナ感染後の後期の症状として、咳がよく出たり、のどが痛くなったりします。咳が出るたびに気管支が痛くなるので、咳をする頻度を下げたい気持ちになります。

そんな時に役に立ったのが、龍角散ののど飴です。これは役に立ちました。龍角散のあめって、本当に咳を抑えてくれます。

これもアマゾンの置き配で買えるので、コロナに罹ったあとでもなんとか手に入れられます。

「オミクロン株に掛かっても軽症なので、全然怖くない。ただの風邪」

はうそ。私にとっては、インフルエンザより症状が重く、気管支の炎症で呼吸困難になってもおかしくないと感じました。

P.S

誰しも、コロナにかかるのは初めての経験。私がコロナにかかった経験で何か話せることがあれば、回答します。ご質問がありましたら、本ブログのコメント欄にコメントを書いていただき、ご質問してください。

私の経験談であればお話できます。

移住して田舎で結婚

--------------------
【田舎に住む男性と住みたい女性限定】
 
「都会は疲れた」

「地方で結婚」

 
そんな方へ、無料登録はこちら↓


------------
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする