フォートナイトのプレーヤーが弱いマッチメイキング地域と時間帯でビクロイねらい目は?社会人おじさん向けの話

フォートナイトのプレーヤーが弱いマッチメイキング地域と時間帯1

40代になってフォートナイトにハマった私。

小学生の息子の影響で始めたのですが、いまや私の方がプレイをしている時間が長い状態。

好きなんですけど、なかなか勝てない。

でも、1年やり続けてると、毎回毎回0キルで終わるわけではありません。

運よくソロでビクロイが取れるときもあります。

たまたま、周りのプレーヤーとの組み合わせで、勝てるだけなのか?

そんな風にも考えていたのですが、いやいや、ちょっと待てよ。

プレイをする時間帯や、マッチメイキング地域の選択によって、

明らかに周りのプレーヤーの強さに違いがありそうな気がしてきました。

1年間やり続けてきて、分かった傾向を書いておきます。

スポンサーリンク

中東サーバーでやるか、アジアサーバーなら深夜の時間帯が比較的勝ちやすいと感じる

フォートナイトのプレーヤーが弱いマッチメイキング地域と時間帯2

私の現時点の結論をいうと、

マッチメイキング地域がアジア(日本)に限った話をすると、

夜の23時以降の方が比較的ビクロイを取りやすい。

一方、昼間から夜の22時くらいまでは他のプレーヤーのレベルが高くてすぐにキルされる。

マッチメイキング地域別でいうと、

アジア(日本)は他の地域に比べて相対的に強いプレーヤーが多い気がする。

一方、中東は日本に比べてキルをしやすい。

あくまで傾向の話。

ここからはあくまで私の想像です。

マッチメイキング地域

マッチメイキング地域について、なぜ中東のほうが勝ちやすいのか?

私の想像では、日本や韓国などアジアの人たちよりも、中東の人の方がフォートナイトでプレイするのにまだ慣れていない人の割合が多いのではないか?

と思います。

その根拠は、スクワッドをアジアサーバーでプレイする時と中東サーバーでプレイするときを比べると、

中東サーバーの時の方がプレーヤーのレベルの数値が小さいことが多いから。

別の言い方をすると、アジアサーバーでプレイする人の方が、フォートナイトのプレイ時間が長い人が多いからではないか。

経験値が高いので、プレイヤーのスキルレベルも高いと予想できます。

フォートナイトのプレーヤーが弱いマッチメイキング地域と時間帯3

アジアサーバーの深夜の時間帯

一方、マッチメイキング地域がアジア(サーバー)の場合、

なぜ日本時間でいう深夜の時間帯の方がキルをしやすい(勝ちやすい)のか?

これも考えてみました。

おそらく推測ですが、

昼間、夕方、夜の10時頃までのメインのプレイヤーは、

小学生、中学生あるいは高校生くらいのゲームやりまくっている10代の子供達が多いのではないか?

一方で、深夜の時間帯は、アジアの子供たちは寝ている時間帯。

その代わりにプレーヤーの割合として、私のような反射神経がいまいちな40代のおじさんたちが多めに混じっているのではないか。

30代、40代の社会人で、1日のプレイは1時間だけとか、練習量が少なめのプレーヤーが多いんじゃないかと思っています。

推測ですが、実際にビクロイの取りやすさとか、10位以内に入ったりする確率が明らかに違うことを体感しています。

2022年2月18日、アジアサーバーで深夜12時頃。4回スクワッドやって2回ビクロイ。仲間は最後みんなキルされてしまっていたが、自分だけでもなんとかビクロイ。

2月19日は、中東サーバーで夜の21時。1回目でビクロイ。

フォートナイトのプレーヤーが弱いマッチメイキング地域と時間帯4

スポンサーリンク

まとめ

私のように、反射神経が鈍った40代のおじさんでも、

時間帯やサーバーを選べば、比較的勝ちやすいです。

ただし、

中東サーバーでやるときの注意点が3点あります。

1つ目。中東サーバーでスクワッドをやった場合、キルされてもいないのに急に抜けるプレーヤーが多いです。

2つ目。ゲーム開始時、バトルバスから最初の着地地点に降りる時、メンバーのまとまりが悪いことが多く、まとまった場所に4人が着陸することが少ないです。

チームプレーを楽しみたいなら、アジアサーバーの方がよいです。

3つ目。日本からサーバーが遠いからか、ラグが大きいです。自分の動きとサウンドのラグも大きめなので、プレーはちょっとだけやりにくいです。

移住して田舎で結婚

--------------------
【田舎に住む男性と住みたい女性限定】
 
「都会は疲れた」

「地方で結婚」

 
そんな方へ、無料登録はこちら↓


------------
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする