マンション床の子供の騒音対策(防止)マットは効果あり?安いし掃除も便利なオススメ商品や感想!

ジョイントマットのオススメ品

こんにちは国際結婚ブロガーのハノンマルです。

私には、今6歳と3歳になる子供がいます。毎日元気に飛び跳ねるのは子供の習性なので結構なのですが、マンションにお住まいの方にとって一番心配するのが騒音。特に、下の階に響く音です。

私の家族は最近、ある地方都市の賃貸マンションに引っ越しをしました。そこの廊下、リビングの床が薄くて、明らかに子供が走るとどんどんと響くのが分かります。この音は間違いなく下の階に大きく響いているに違いないと感じました。

実際、上の階の人の歩く音がよく聞こえます。

もう住み始めてしまったからには、今更すぐに引っ越すというわけにはいきません。そこで、騒音防止対策の1つの手段として、騒音防止マットを購入しました。いわゆる、ジョイントマットというものです。

私は、以前住んでいたマンションでも使ってきて、トータルで約7年ぐらい、何種類ものジョイントマットを使ってきました。

今回は、騒音防止マット(ジョイントマット・プレイマット)について、

  • 騒音防止の効果が実際にあるのか?
  • 使い勝手はどうか?どんなタイプのジョイントマットがオススメか?
  • 最も通販で安くて、お得なだと思った商品はどんなものか?

など、実際にリピート購入したジョイントマットも紹介しながら、感想を書いていきたいと思います。

結論を急がれるための方へ、私がリピート購入していて、かなりオススメの商品はこちらです↓

子供が生まれて7年間、ジョイントマットを検討し続けて、結局これがもっとも使い勝手がよいと感じています。

スポンサーリンク

マンション床の子供の騒音対策(防止)マットは効果あり?

プレイマットのオススメで実際に筆者が使っている商品

まず結論から言うと、騒音防止マット(ジョイントマット)は、もちろん敷かないよりも敷いた方が騒音的に効果はあるのは間違いないと感じています。

それは、実際に子供がマットを敷かずに床の上を走った時と、マットを敷いた上で走った時の 音の響き方が違うからです。マットを敷く前と後で、実際に下の階にどのように響いているかの確認はしていないのですが、自分の部屋の中での響き方が違うので、効果があると思っています。

ちなみに、他の効果として、冬の防寒対策にもなっていると思います。特に、フローリングの部屋においては、このマットを敷いた上は暖かいです。絨毯を敷かなくてもマットの上は暖かいです。

7年間検討購入して、安くて掃除も便利なオススメ商品はこれ!

この手のマットは、たくさん売っています。ホームセンターでも売っていますし、通販サイトではもっともっと数が売っていて、何百何千と言った種類が様々な店舗から売られています。なので、どの店舗からどのようなマットを買えばいいのか迷うに違いありません。

以下私が話すのは、実際に過去7年間、マットを色々交換して使ってきた結果、これが今のところベストではないかというものについてお話しします。

マットを選ぶポイント①:マットの大きさ

一つは、1枚のマットが大きいものです。今、私が使っているのは通販で比較的大きなサイズのもの(60cm×60cm)のマットです。

なぜ大きい方がいいのか?

3年以上前まで、私はその半分の長さ、面積でいうと1/4、30cm×30cmのタイプを西松屋やホームセンターで買ってきたものを組み合わせて使っていました。

でも、この大きさのものは意外と不便なのです。というのも、ジョイントマットは、ジョイント(マットの継ぎ目)からゴミやホコリがマットの下に落ちます。ということは、定期的にマットを剥がして掃除機をかける必要があります。そのとき、マットが小さいと掃除をした後に、またマットを組み合わせるのが非常に面倒なのです。

また、見た目的にも、ジョイントがたくさんあるより、ジョイント(継ぎ目)の数が少ない方が、なんとなく部屋がきれいに見えます。

マットを選ぶポイント②:マットのデザイン

そしてもう一点が、デザインです。

ジョイントマットは、デザインが様々あります。

デザインや色でいうと、

  1. 単色(黄色・緑・青・ピンクなどの一色)タイプ
  2. キャラクターの絵柄が書いてあるタイプ
  3. 動物や乗り物の形をした、マット内ではめ込みの遊びが出来るマットが細切れのタイプ

があります。

私自身は過去に、子供が生まれてすぐに、3のタイプを大量に買い込んできました。でもそれが、妻から大ひんしゅくを食らいました。

掃除が大変なのです。

掃除の便利さの点から、マットの中にさらに小さな動物やキャラクターの形をはめ込むのはおすすめしません。ヘタしたら小さいパーツが掃除機の中に入り込んでしまって、マットの一部を失うことにもなりかねません。

敢えて3のタイプを買ってよいと思うタイミングは、子供が0歳~1歳くらいの場合です。子供が興味を持って、キャラクタのマットを見て喜んだり、マットのパーツを剥がして遊んだりすることが出来ます。

一方で、2歳以上になると、子供はマットになんて興味がありません。シンプルな単色のマットにする方が部屋の中がスッキリと見えて私は好きです。

以上の観点で、私がリピート購入しているものは、こちらの商品です↓

数ある店舗の中からこちらの店舗を選んだ理由は、

  • 60cm×60cmの大きなサイズを取り扱っている
  • 色やデザインのバリエーションが非常に多く、好みのものを選べる
  • 1セットで32枚も入っていて、数の割には安い

こういったところが気に入って、3年前に一度購入したあと、2018年の今年もマンションを引っ越したのを機にリピートでこの店舗で購入しました。

ちなみに、60cm×60cmタイプ32枚入りの場合、大体6畳程度の広さのマットになります。 リビングが6畳よりも広い部屋であっても、とりあえず32枚セットを一個買って、気に入れば追加で購入すればよいでしょう。追加で購入したマットが余っても、畳の部屋や廊下に敷けばよいです。(騒音を気にするなら、廊下に敷くのも重要ですしね)

スポンサーリンク

まとめ

ジョイントマット(プレイマット)によって、防音対策(騒音対策)が完璧になるとは言えませんが、気休めだけでなく実際に響きが和らぐことは体感しています。このマットは、小さなお子さんがいるマンション住まいの方には、必須のアイテムだと思っています。

大きな出費で痛手にならない良心的な価格(値段)で販売してくれている、この店舗が私は気に入っています↓

<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます>

スマホ育児がなぜ子供に悪影響?子守に動画を見せてはいけない理由は?

運動会のリレーで競争しなかった子供!勝つために本気で走るよう教育すべきだった?

幼児教育無償化で保育士が不足?主婦や社会人の未経験でも幼稚園教諭になれるの?

スポンサーリンク

【人気の韓国ドラマを合法的にネットで無料視聴する方法はこちら】↓
韓国ドラマ大好き.com

【カラコンをお得に手に入れたい方だけのお話】↓
カラコンリサーチ.com

スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする