冬のボーナス2018の支給額の相場や平均は?公務員・大企業・中小零細の金額格差も

2018年の冬のボーナス情報の一報が発表されました。

2018.11.16追記:大手冬のボーナス、95万6千円

経団連は16日、大手企業が支給する冬の賞与・一時金(ボーナス)の第1回集計を発表した。平均妥結額は昨冬に比べて3.49%増の95万6744円と過去最高を更新した。第1回集計としては4年連続で90万円台となった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000130-kyodonews-bus_all

※以下は2017年の数値データですが、2018年度も数値情報が若干変わるだけで、ほぼ同じことが言えると考えます↓

———————-

ボーナスが支給される会社の場合、12月に支給されるところが多いと思います。

お勤めの会社によって大きく金額が変わります。

公務員、大企業、中小零細の支給相場はいくらなのか?

研究所のデータやニュース報道を基に調べてみました。

スポンサーリンク

民間企業と公務員のボーナス(賞与)支給額の違いは?

まず、みずほ総合研究所の試算は、民間企業と公務員に分けてデータを出しています。(参照元:https://www.mizuho-ri.co.jp)

賞与額の相場・平均は、

  • 民間企業は、374,350円
  • 公務員は、789,334円

です。

みずほのデータを見て分かることは何か?

データを見ると、

  • 過去4年間、民間企業の支給相場は、たったの数千円しか上昇せず、ほぼ横ばい
  • 公務員の相場は、過去4年間、年々上昇しており、2014年と比べると37,000円ほどアップしている

公務員だけがボーナスが上がっていると言えます。

次に重要なポイント。みずほの民間企業のデータは、

「民間企業:従業員規模5人以上」

のベースで試算されています。

なので、中小零細と大企業のボーナスがごちゃまぜになっています。

大企業と中小零細のボーナス支給額の格差は?

ということで、次に民間企業の中で、「大企業」と「中小・零細企業」に分けて、どのくらいのボーナス支給額の格差があるのかを、別のデータから調べてみました。

Itmediaの報道によると、

  • 従業員500人以上の東証一部上場企業74社の平均支給額は、約91万円
  • うち、製造業の平均は約92万円非製造業は約66万円
  • 最も金額が多いのが、自動車の約97万円

です。

大企業のくくりだけでも、製造業と非製造業とで、25万円以上も相場格差があります。

みずほのデータとItmediaの情報から考えると

ボーナスの相場が低めの非製造業で比べても、

  • 従業員5人以上の民間企業全体の相場=37万円
  • 非製造業の大手企業だけの相場=66万円

約30万円も金額差があることがわかります。

それほど「大企業と中小企業・零細企業」のボーナス支給額に格差があることがわかります。

そもそも、日本の会社数はいくつ?中小企業の従業員が占める割合は?

会社によって大きな金額差。

そもそも、日本に会社はいくつあるのかが気になってきました。

こちらの調査(総務省発表のデータが基)を見ると、

日本には約421万もの会社があります。

そのうち、

  • 大企業が占める割合は、たったの0.3%。1.2万社
  • 残りの99.7%が中小企業で、419万社

従業員別で見ると、民間企業の従業員数は約4000万人。

そのうち、

  • 大企業の従業員数は、約30%で1230万人
  • 中小企業の従業員数は、約70%で2780万人

テレビや新聞で報道されているボーナス(賞与)の平均支給額なんて、421万社中のせいぜい数百社の平均値でしかありません。

テレビや新聞の報道を注意深く見ていると、「東証一部上場の○○社の賞与支給額は、△△、、、」と報道されています。

ここでは仮に、メディアで、500社の平均額が報道されているとしましょう。

すると、その平均支給額は、

500 ÷4,210,000=0.01%

たった、0.01%の会社をベースにしか試算されていません。

なので、新聞やテレビで報道されている金額は、日本のごくごく一般的な人の水準と思ってはいけないでしょう。(ごくごく一般的な金額を知るには、「平均値」ではなく、「中央値」でみないと意味がありません)

最初に取り上げた、みずほ総合研究所の「民間企業の支給平均37万円」は、あくまで平均値です。

中小零細企業にお勤めの方のごく一般的な支給額(中央値)は、37万円より低いと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

2018年のボーナス支給額が「昨年と比べて増えたか減ったか?」なんて、誤差に近いほど微々たるものです。

それより、公務員、大企業、中小・零細企業の3つのカテゴリーで、支給額のベースが大きく違うことが分かります。

ここで取り上げたデータを見ると、

公務員のボーナスは、大企業寄りのボーナス支給額に合わせていることも分かりました。

以上が、データから読み取れる事実です。

P.S.

では、「ボーナス・給与の支給額が少ない」と嘆いている方はどうすればいいか?

これまで「給料が低い」と嘆いていた人が活路を見出す1つ目の手段とは?

勤め先の1つの会社だけで稼ぐ時代が終わろうとしています。いよいよ、「副業解禁」に向けて国も動き出したのがその証拠です↓

副業(兼業)解禁の理由や目的は?会社(同僚・上司)への申告は慎重にすべき!

PPS.

2つ目の手段として、転職という手もあります。

「私には転職するほどのスキルが何もない」

という方向けに、

「転職・就職保証型”プログラミング教室・スクール」

「受講完了後、3ヶ月以内に転職・就職できない場合は ”全額返金”」

という道もあります↓

こちらを確認してみてください↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする