ちきりんさんの本「多眼思考」会社員でリーダーとして生き残っていくために必要なことを教えられた

多眼思考

社会派ブロガーちきりんさんの本、

「多眼思考 モノゴトの見方を変える300の言葉!」

を読みました。

ちきりんさんの他の書籍をいろいろ読んでいて面白かったので、過去に出版されたこちらの本も読んでみました。

他に読んだ本はこちらです↓

本書は、ちきりんさんが過去にツイッターで呟いた内容の中で、厳選した300のツイートが書き並べられています。

なので、本書は何か一つのテーマについて書かれているわけではありません。

いろんなテーマについて、バラバラっとツイート内容が載っています。

300のうち、

1つでも2つでも自分の学びになればいいかなという感じで、

気軽に読むのがおすすめ。

スポンサーリンク

ちきりんさん「多眼思考」会社員でリーダーとして生き残っていくために必要なことを教えられた

私の場合、本書を読んだとき、

サラリーマン、会社員として課長級の役職に昇格させてもらったタイミングでした。

リーダー、マネージャーとして必要な心構えについて参考になった4ツイートがありました。

私のケースとして勉強になった箇所、4ツイートをピックアップさせていただきます。

一つ目。ページ39

こんなことをしても自分のプラスに全くならない。

ただ時間の無駄。

自分がやりたいように、

自分が望むように人生を歩みたければ、

愚痴や他人を妬むことをしない。

他者の評価も気にしない。

会社の人間関係で悩んでる暇があったら、自分がやるべきことをに専念しなさい。

と教えられたツイート。

ページ69

慎重に慎重に、ミスをしないように仕事するなんてつまらない。

会社員であっても、自分がやりたいと思ったように勝負に出て仕事してみろよ。

思わせてくれるツイート。

次はこちら

先に引用した、「他人の評価を気にするなんて人生の無駄」

と同じような内容。

人の顔色なんて伺う必要なんてない。

伺っているようでは、リーダーにはなれない。

新しくマネージャー級の役職を頂いた私に、ちょうど響いたツイートでした。

自分の信念に従って仕事すればいいって。

ページ255

これも、42歳になった私がズキっとしたフレーズ。

一つの会社で安定した給料を頂いてきて、比較的安泰だった20代と30代。

さて、もし会社の組織を離れて、自分の力で安定してお金を稼ぐスキルがついているのか?

正直、自信はありません。

自分で起業してお金を稼ぐことができなくても、少なくとも会社員としてであっても、

「〇〇さんと一緒に仕事がしたいです」

「〇〇さんに仕事を依頼したいです」

と言われるような人になっているか?

なれるような仕事をしないといけないなって感じるツイート。

スポンサーリンク

まとめ

私にとっては、会社の仕事に関連するツイートが印象に残りました。

本書を読む人によっては、

仕事だけでなく、友人関係、家族関係、生きる意味、どう生きていきたいのか?

などなど、悩みが違うと思います。

本書の300のツイートのうち、1つでも自分がハッと気づかされるものがあれば儲けもの。

ネットで、ちきりんさんの過去のツイートを1つずつ読んでもいいですが、

時間が掛かりすぎます。

本書でピックアップされた厳選300ツイートを読む方が、

自分に刺さる内容を見つける早道だと思います。

そういう意味で、本書はおすすめ。

移住して田舎で結婚

--------------------
【田舎に住む男性と住みたい女性限定】
 
「都会は疲れた」

「地方で結婚」

 
そんな方へ、無料登録はこちら↓


------------
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする