るなぱあく(群馬前橋)のランチ情報!おにぎりを食べた感想とベンチの混雑状況も

こんにちは、国際結婚ブロガーのハノンマルです。

群馬県前橋市にある幼児(子供)向けの遊園地るなぱーくへ初めて行く方で、「お昼ごはんをどうすればよいのか?」と気になっている方への情報です。

私の家族が、2017年9月の最終日曜日に行った時のランチ体験談、

  • 「るなぱあく」内にレストランはあるのか?
  • 私が実際に買った食べ物は?味はどうだったか?
  • テイクアウトして食べ物を食べる場所(テーブルやベンチ)の混雑状況は?

についてお話しします。

スポンサーリンク

そもそも、「るなぱあく」にごはんは売っているの?

私は千葉県に住んでいますが、2017年9月に日帰りで、車で高速道路を走らせて「るなぱあく」に行ってきました。(首都圏周辺に遊園地は沢山あるのに、群馬前橋までわざわざ行った本当の理由については、後日別の記事でお話したいと思います)。

子供はもちろんのこと、私の家族の誰もが「るなぱあく」に行ったことがありませんでした。

ランチについての情報はよく分からず、

「普通、遊園地なら適当に何か食べるものくらい売っているでしょ」

くらいの感覚で行きました。

子供向けの小さな遊園地ということはネットの情報でわかっていたつもりですが、実際に行ってみると本当に本当に小さな遊園地でした。首都圏の方に分かる遊園地でいうと、「あらかわ遊園地」の比じゃないです。その何分の1の小ささです。

でも、「よくこんな小さなスペースに、コンパクトにアトラクションを8つも9つもまとめて作ったよね~」と感心しました。昭和の時代に作られた遊園地。きっと、遊園地を設計した人は天才的な才能がある方だと思います。

そんな小さな小さな遊園地です。

結論を言うと、レストランはありません。その代わり、売店と移動販売車による食べ物の販売がありました。

そのため、家から何も食べ物を持って行かなくても、食べるものには全く困りません!

私が行った日に売店で売っていたのは、

昔からあったであろう、古い建物の売店では「焼きそば」「かき氷」「アイスクリーム」が売っていました。(やきそばもかき氷も値段は250円程度でした)

移動販売車ではピザ、ふるふるポテトの専門店、コーヒー店がありました。

豆自動車や機関車が走る場所の真ん中の敷地には、おにぎり専門店が入っていました。

おにぎりとふるふるポテトを購入して食べた感想!

私たち家族は、おにぎりとフライドポテトを買いました。

おにぎりの感想

おにぎりは1個100円。卵焼き2つ、ソーセージ1本、唐揚げ1つが入ったおかずは300円。

これらを買いました。

おにぎりは、コンビニのおにぎりと比べるとその約半分ぐらいの小さなおにぎりです。

でも、小さなおにぎりに100円を払う価値は十分にあるものでした。

コンビニのおにぎりと違うのは、おにぎりをその場で作っているということです。店舗で炊きたてのご飯で、店員さんがおにぎりを作っていました。変な薬のような臭いがなく、おそらく体に良いだろうと言える美味しいおにぎりでした。

うちの6歳の子供は、日頃あまりおにぎりを食べてくれないのですが、この店舗のおにぎりは美味しいと感じたのか、3つも食べてくれました。

ちなみに、昼の12時頃は、常に3人~6人ほどが購入する列を作って並んでいました。

他のお客さんが注文する商品を観察していると、10種類以上あるおにぎりの中で、ほとんどの人が「鮭おにぎり」を1個以上は注文していました。

ふるふるポテトはどうだったか

おにぎり以外には、フライドポテトを2袋買いました。

複数ある移動販売車の中で最も混んでいたのは、フライドポテトのお店です。

昼の12時頃には、10組以上のお客さんが並んでいました。購入するのに10分以上はかかりました。でも、行列を作ってまで待つ甲斐はありました。

ここのフライドポテトは、ロッテリアにあるような「ふるふるポテト」が主力商品です。

「コンソメ味」や「大人の醤油味(?)」と言った2種類のポテトを買いました。

値段(価格)は、1袋300円です。

ポテトは、マクドナルドやロッテリアなどのファーストフードで出てくるような細いポテトではありません。ちょっと太め。

それより、もっと太めのポテトです。大手ファーストフードで買うポテトより、自然のポテトに近い食感がしました。

うちの6歳と3歳の子供も大喜びでパクパク食べてくれました。

スポンサーリンク

ランチ時間帯のベンチの混雑状況は?

「るなぱあく」の敷地内には、売店で買ったものが食べられるテーブルが多少用意されています。

私たちの場合、おにぎり屋さんの周りのオープンテラスの席に座ることが出来ました。オープンテラスは、6テーブルほどがありました。その他にも、ガラスの窓で囲われた室内の座席が10テーブルほどはあったと記憶しています。

おにぎり屋さん以外の場所については、移動販売店の周りに、数十席ほどのテーブルとイスが用意してありました。私が行った時の日曜の昼12時前後については、どこかしらのテーブル席は空いている状況でした。

ですから、「食べる場所がなくて困る」ということは考えにくいと思います。

また、もし仮に「ふなぱあく」内で席を確保できなかった場合は、「るなぱあく」に隣接する前橋公園でレジャーシートを敷いて食べるのも手です。

まとめ

「ふなぱあく」には売店や移動販売車があるので、食べるものに困ることはないでしょう。

また、食べる場所(座席の確保)については、スペースがなくて困るなんてことにならないでしょう。

スポンサーリンク

【警告】映画やアニメを毎週見る方は、こちらの記事をご覧頂かないと損をします

映画の動画をフルで無料視聴する方法は?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする